• TOP / 新着情報 / 入試情報 / 2021年度公立大学法人九州歯科大学入学者選抜の変更について(予告)-英語資格・検定試験の利用について-

新着情報

2021年度公立大学法人九州歯科大学入学者選抜の変更について(予告)-英語資格・検定試験の利用について-

令和元年9月11日
九州歯科大学

 2021年度九州歯科大学入学者選抜における英語資格・検定試験の利用について、以下のとおり決定しましたので、お知らせします。

1.大学入試英語成績提供システムによる英語資格・検定試験の利用
 文部科学省が公表する「各資格・検定試験とCEFRの対照表」(以下、「対照表」という。)により、受験者の英語資格・検定試験の試験結果とCEFRの段階別成績表示をすべての入試区分の選抜において利用します。
 本学での成績確認は、独立行政法人大学入試センター(以下、「大学入試センター」という。)の大学入試英語成績提供システム(以下、「成績提供システム」という。)を利用します。
 各選抜における基準を満たすか否かの判断は、2021年2月に成績提供システムから提供される2回の成績のうち、いずれか良い方の成績により行います。
 なお、大学入試センターが認定するすべての資格・検定試験を対象とします。

2.一般選抜での利用方法
 対照表によるCEFRの段階別成績表示について、歯学科は「A2以上」、口腔保健学科は「A1以上」の成績を有することを出願資格とします。

3.総合型選抜及び学校推薦型選抜における利用方法
 対照表によるCEFRの段階別成績表示について、歯学科は「A2以上」、口腔保健学科は「A1以上」の成績を有することを選考基準とします。
 出願時において、対照表によるCEFRの段階別成績表示について、各学科が指定する成績を有していない場合であっても、各学科が指定する成績を有する見込みの者として出願を認めます。
 ただし、2021年2月に本学が合否判定を行う時点において、選考基準を満たしていることが、成績提供システムを通じて確認できない場合は、選考の対象とはなりません。


付表 各入試区分別のCEFRの段階別成績表示と利用方法


入試区分


学 科


CEFRの段階別成績表示(*)


利用方法




一般選抜


歯学科


A2以上




出願資格


口腔保健学科


A1以上



総合型選抜

学校推薦型選抜


歯学科


A2以上




選考基準


口腔保健学科


A1以上

(*)CEFRの段階別成績表示は「各資格・検定試験とCEFRの対照表」によります。
   総合型選抜及び学校推薦型選抜においては、CEFRの段階別成績表示について、
   各学科が指定する成績を有する見込みの者として出願を認めます。


                                  【問合せ先】
                                   九州歯科大学
                                   学務部教務企画班 入試担当
                                   TEL 093-582-1131(代表)

ページトップ