研究・産学連携 解剖学

概要

平成26年度に頭頸部構造解析学分野と口腔組織機能解析学分野が統合し、当分野が発足しました。現在は主に歯学科と口腔保健学科の解剖学講義(肉眼解剖・顕微解剖・発生学)および実習を担当しています。特に人体解剖学実習では、本学の学生のみならず近隣の大学、衛生士学校、看護学校、リハビリテーション学院などのコメディカル領域の学生教育にも貢献しています。研究面では味蕾の機能構築、歯や顎顔面の発生機構などについて、組織形態学的・分子生物学的手法を用いて解析に取り組んでいます。また献体業務に関しては日常活動に加えて11月に開催される慰霊祭を大学本部に協力して行っています。

研究テーマ

  • 味蕾におけるATP受容体を介した味覚情報伝達
  • 味蕾における選択的神経回路形成について
  • 味蕾細胞の分化機構の解明
  • 歯の発生の分子機構
  • 口唇口蓋裂発症メカニズム
  • 味覚受容体の転写調節機構の解明

所属構成員

瀬田 祐司
氏名 瀬田 祐司
役職 教授
研究内容
  • ・味蕾細胞の分化機構の解明
  • ・味蕾における選択的神経回路形成について
豊野 孝
氏名 豊野 孝
役職 講師
研究内容
  • ・味覚受容体の発現調節機構の解明
  • ・味覚受容体の細胞内情報伝達系の解明
中富 満城
氏名 中富 満城
役職 講師
研究内容
  • ・歯の発生の分子機構
  • ・口唇口蓋裂発症メカニズムの解明
氏名 片岡 真司
役職 助教
研究内容
  • ・味蕾におけるATP受容体を介した味覚情報伝達
  • ・味蕾における選択的神経回路形成について
松山 佳永
氏名 松山 佳永
役職 助教
研究内容
  • ・味蕾における選択的神経回路形成について、味蕾幹細胞の分化制御メカニズムについて

担当授業科目

  • 生物学特論
  • 基礎医学Ⅰ~Ⅳ
  • 口腔基礎医学Ⅰ~Ⅳ
  • 解剖学・口腔解剖学実習
  • 組織学実習
  • 法医歯科学・災害歯科学
  • 研究室配属
  • 基礎摂食嚥下学I~Ⅱ
  • 基礎生命科学Ⅱ

主な実績

論文

  • Nakatomi M, Ludwig KU, Knapp M, Kist R, Lisgo S, Ohshima H, Mangold E, Peters H: Msx1 deficiency interacts with hypoxia and induces a morphogenetic regulation during mouse lip development. Development, 147:dev189175, 2020.
  • Hirata Y, Toyono T, Kokabu S, Obikane Y, Kataoka S, Nakatomi M, Masaki C, Hosokawa R, Seta Y: Krüppel-like Factor 5 (Klf5) Regulates Expression of Mouse T1R1 Amino Acid Receptor Gene (Tas1r1) in C2C12 Myoblast Cells. Biomed Res, 40:67-78, 2019.
  • Nakatomi M, Ida-Yonemochi H, Nakatomi C, Saito K, Kenmotsu S, Maas RL, Ohshima H: Msx2 prevents stratified squamous epithelium formation in the enamel organ. J Dent Res, 97:1355-1364, 2018.
  • Kibe K, Nakatomi M, Kataoka S, Toyono T, Seta Y: Hey1 and Hey2 are differently expressed during mouse tooth development. Gene Expr Patterns, 27:99-105, 2018.
  • Kito-Shingaki A, Seta Y, Toyono T, Kataoka S, Kakinoki Y, Yanagawa Y, Toyoshima K: Expression of GAD67 and Dlx5 in the Taste Buds of Mice Genetically Lacking Mash1. Chemical Senses, 39(5):403-414, 2014.
  • Kotani T, Toyono T, Seta Y, Kitou A., Kataoka S, Toyoshima K: Expression of synaptogyrin-1 in the T1R2-expressing cell type II taste cells and type III cells of rat circumvallate taste buds. Cell Tissue Res, 353(3):391-398, 2013.
  • Fukuda A, Goto T, Kuroishi KN, Gunjigake KK, Kataoka S, Kobayashi S, Yamaguchi K: Hemokinin-1 competitively inhibits substance P-induced stimulation of osteoclast formation and function. Neuropeptides, 47:251-259, 2013.
  • Kurata S, Goto T, Gunjigake KK, Kataoka S, Kuroishi KN, Ono K, Toyono T, Kobayashi S, Yamaguchi K: Nerve growth factor involves mutual interaction between neurons and satellite glial cells in the rat trigeminal ganglion. Acta Histochem Cytochem, 46:65-73, 2013.
  • Kataoka S, Baquero A, Yang D, Shultz N, Vandenbeuch A, Ravid K, Kinnamon SC, Finger TE: A2BR adenosine receptor modulates sweet taste in circumvallate taste buds. PLoS ONE, 7(1):e30032, 2012.
  • Toyono T, Seta Y, Kataoka K, Oda M, Toyoshima K: Differential expression of the glucose transporters in mouse gustatory papillae. Cell Tissue Res, 345:243-252, 2011.
  • Seta Y, Oda M, Kataoka K, Toyono T, Toyoshima K: Mash1 is required for the differentiation of AADC-positive type III cells in mouse taste buds. Dev Dyn, 240:775-784, 2011.

分野ホームページ

独自のホームページを作成していますので、より詳しい情報は以下のアドレスからどうぞ。

ページトップ