研究・産学連携 口腔再建リハビリテーション学分野

概要

歯科補綴<ほてつ>治療は、さまざまな疾患や外傷で歯や歯周組織の欠損を生じ、咀嚼<そしゃく>などの口腔機能障害という症状が固定した患者さまに対し、口腔機能を改善するために行う再建医療であると同時にリハビリテーション医療の側面も併せ持っています。私たちは従来の歯科補綴<ほてつ>学を『口腔再建リハビリテーション学』という新しい歯科医学領域として捉え、これまでの『入れ歯』から『インプラント』や『再生医療』を中心とした新しい患者さま中心の歯科臨床への転換を目指しています。臨床では、患者さま中心の歯科医療を目指し、移植を伴わない低侵襲(ミニマルインターベンション)インプラント治療、即時荷重インプラント治療などを積極的に取り入れ、地域の中核病院として、またインプラント治療専門医の教育施設として、高い機能を有する口腔インプラント治療専門診療科を目指しています。研究では、常に国際的に高いレベルを目指し、臨床に寄与する基礎研究を推進しています。教育では、補綴<ほてつ>学分野における歯科保存学、生体材料学との統合型講義・実習を行っています。また、口腔インプラント治療に関する教育では、シナリオベース実習だけでなく卒前教育にもシミュレーション実習を加え、より実践的な臨床教育を目指しています。

reha2019.jpg

研究テーマ

  • インプラント治療のリスクファクターに関する研究
  • インプラント治療と栄養摂取の関連
  • インプラント治療の臨床研究
  • 唾液腺機能に関する研究
  • 顎骨骨質に関する研究

所属構成員

氏名 細川 隆司
役職 教授
研究内容
  • ・インプラント治療のリスクファクターに関する研究
  • ・コラーゲンクロスリンクを基軸とした顎骨の老化と劣化に関する研究
  • ・即時荷重インプラント治療の臨床研究
  • ・プロバイオティクスの歯科領域への応用
氏名 正木 千尋
役職 准教授
研究内容
  • ・骨代謝分析と臨床栄養学的アプローチによる新規口腔インプラント治療ストラテジーの構築
  • ・骨質劣化マーカーを基軸としたインプラント術前診断に関する研究
  • ・物理療法を用いた軟組織創傷治癒に関する研究
  • ・プロバイオティクスの歯科領域への応用
氏名 近藤 祐介
役職 講師
研究内容
  • ・オミックス解析を用いたインプラント周囲炎治療法の開発
  • ・口腔乾燥症がインプラント周囲組織に及ぼす影響
  • ・口腔インプラント治療の栄養学的評価
  • ・口腔乾燥と栄養状態の関連
氏名 向坊 太郎
役職 病院講師
研究内容
  • ・炎症に伴う唾液腺機能低下の病態解明
  • ・新規生理活性物質を利用した下顎骨創傷治癒
  • ・パラミロンを使用した抗炎症作用の実証
氏名 田村 暁子
役職 助教
研究内容
  • ・重力環境制御装置実験モデルを用いた骨細胞間クロストークの解明
氏名 宗政 翔
役職 助教
研究内容
  • ・糖尿病による口腔乾燥症発症メカニズムの解明
  • ・CFTRチャネルをターゲットとした口腔乾燥症の新規治療薬開発

担当授業科目

  • 口腔インプラント学
  • 口腔機能再建治療学
  • 歯科インプラント学

主な実績

原著論文

  • Kawamura M, Masaki C, Shibata Y, Kondo Y, Mukaibo T, Miyazaki T, Hosokawa R. Pentosidine correlates with nanomechanical properties of human jaw bone. J Mech Behav Biomed Mater. In press. 2019.
  • Fukahori S, Kondo Y, Nodai T, Aonuma F, Tamura A, Tsuka S, Mukaibo T, Masaki C, Hosokawa R. Implant-supported fixed prosthesis improves nutrient intake in patients with partial edentulous posterior regions. J Prosthodont Res. In press. 2019.
  • Hirata Y, Toyono T, Kokabu S, Obikane Y, Kataoka S, Nakatomi M, Masaki C, Hosokawa R, Seta Y. Krüppel-like factor 5 (Klf5) regulates expression of mouse T1R1 amino acid receptor gene (Tas1r1) in C2C12 myoblast cells. Biomed Res. In press. 2019.
  • Maeda T, Mukaibo T, Masaki C, Thongpoung S, Tsuka S, Tamura A, Aonuma F, Kondo Y, Hosokawa R. Efficacy of electric-powered cleaning instruments in edentulous patients with implant-supported full-arch fixed prostheses: a crossover design. Int J Implant Dent. 5:7. 2019.
  • Miyagi Y, Kondo Y, Kusuda Y, Hori Y, Yamazaki S, Munemasa T, Mukaibo T, Masaki C, Hosokawa R. Submandibular gland-specific inflammaging-induced hyposalivation in the male senescence-accelerated mouse prone -1 line (SAM-P1). Biogerontology. In press. 2019.
  • Nagao M, Masaki C, Nakao M, Ito Y, Tsuka S, Mukaibo T, Kondo Y, Hosokawa R. Is anterior guidance a key factor on planning implant treatment for free-end missing in the posterior mandible? J Oral Implantol. 45:100-105. 2019.
  • Kusuda Y, Kondo Y, Miyagi Y, Munemasa T, Hori Y, Aonuma F, Tsuka S, Mukaibo T, Masaki C, Hosokawa R. Long-term dexamethasone treatment diminishes store-operated Ca2+ entry in salivary acinar cells. Int J Oral Sci. 11:1. 2019.
  • Kaneda K, Kondo Y, Masaki C, Mukaibo T, Tsuka S, Tamura A, Aonuma F, Shinmyouzu K, Iwasaki M, Ansai T, Hosokawa R. Ten-year survival of immediate-loading implants in fully edentulous mandibles in the Japanese population: A multilevel analysis. J Prosthodont Res. 63:35-39. 2019.
  • Nodai T, Hitomi S, Ono K, Masaki C, Harano N, Morii A, Sago-Ito M, Ujihara I, Hibino T, Terawaki K, Omiya Y, Hosokawa R, Inenaga K. Endothelin-1 elicits TRP-mediated pain in an acid-induced oral ulcer model. J Dent Res. 97:901-908. 2018.
  • Tada H, Masaki C, Tsuka S, Mukaibo T, Kondo Y, Hosokawa R. The effects of Lactobacillus reuteri probiotics combined with azithromycin on peri-implantitis: A randomized placebo-controlled study. J Prosthodont Res. 62:89-96. 2018.
  • Munemasa T, Mukaibo T, Kondo Y, Masaki C, Kusuda Y, Miyagi Y, Tsuka S, Hosokawa R, Nakamoto T. Salivary gland hypofunction in KK-Ay type 2 diabetic mice. J Diabetes. 10:18-27. 2018.

分野ホームページ

独自のホームページを作成していますので、より詳しい情報は以下のアドレスからどうぞ。

ページトップ