学部・大学院 ポリシー・コンピテンシー

大学院歯学研究科のアドミッションポリシー(AP)、カリキュラムポリシー(CP)、ディプロマポリシー(DP)を以下のとおり定めます。

九州歯科大学憲章

アドミッションポリシー(このような学生を求めています)

アドミッションポリシー

 歯学専攻 

  1. 歯学領域を中心とした生命科学の研究に強い興味、倫理観を持ち、地域社会において自ら研究に取り組んでいく意欲を持つ人
  2. 科学的情報を正しく解釈し、根拠に基づいた論理的思考を展開させる意欲を持つ人
  3. 全身の健康という視点に立ち、いかなる社会構造の変化にも役立つ研究に取り組んでいく意欲を持つ人
  4. 学際領域の学問分野と協働し、地域社会の発展に寄与する研究を展開する意欲を持つ人
  5. 多職種と連携した研究に取り組み、地域社会に貢献する意欲を持つ人
  6. 国際的な視野に立った研究を推進する意欲を持つ人

 口腔保健学専攻 

  1. 口腔保健学に関する研究に強い興味を持ち、高い倫理観をもって、地域社会において自ら研究に取り組む意欲を持つ人
  2. 専門的知識と技術を身につけた歯科衛生士あるいは教育・研究者となるという高い意欲を持つ人
  3. 科学的根拠を培う研究の意義を理解し、論理的思考を展開させる意欲のある人
  4. 全ての世代の口腔保健の充実をもって、全身の健康に貢献するという意欲を持つ人
  5. 多職種と連携した研究の展開に対応するうえで求められる協調性を有する人
  6. 国際的な視野に立った研究を展開する手法を学び、広く活用しようとする意欲を持つ人

入学者選抜の基本方針

 歯学専攻 

 九州歯科大学大学院入学者選抜基準に従い、論理的思考力・研究遂行に必要な基礎学力・語学力を有する意欲のある人を選抜します。
 求める学生像のうち、専門試験で「希望する研究分野の研究・臨床に関する関心・意欲」、「知識・教養」、「思考力・解決力・表現力」、「地域貢献・国際貢献への関心」を評価し、英語試験で大学院課程を履修するための「知識・教養」、「思考力・解決力・表現力」、「語学力」を評価し、面接試験で「研究分野の研究・臨床に関する関心・意欲」、「思考力・解決力・表現力」、「語学力」、「主体性・協働性」、「倫理観」、「地域貢献・国際貢献への関心」を評価します。

入学者選抜方法における評価項目

求める学生像▷

選抜方法▽

 意 欲   知 識 
 教 養 
思 考 力
解 決 力
表 現 力
語 学 力 主 体 性
協 働 性
倫 理 観 地域貢献
国際貢献
専門試験        
英語試験        
面接試験    

 

 口腔保健学専攻 

 九州歯科大学大学院入学者選抜基準に従い、論理的思考力・研究遂行に必要な基礎学力・語学力を有する意欲のある人を選抜します。
 求める学生像のうち、英語試験で大学院課程を履修するための「知識・教養」、「思考力・解決力・表現力」、「語学力」を評価し、面接試験で「研究分野の研究・臨床に関する関心・意欲」、「思考力・解決力・表現力」、「主体性・協働性」、「倫理観」、「地域貢献・国際貢献への関心」を評価します。
 

入学者選抜方法における評価項目

求める学生像▷

選抜方法▽

 意 欲   知 識 
 教 養 
思 考 力
解 決 力
表 現 力
語 学 力 主 体 性
協 働 性
倫 理 観 地域貢献
国際貢献
英語試験        
面接試験    

カリキュラムポリシー(このような教育を行います)

カリキュラムポリシー

 歯学専攻 

  1. 医療・研究倫理、生命科学及び関連領域に関する知識を習得するための教育課程を編成し提供する
  2. 科学的根拠に基づいた論理的な思考を展開する能力を養成する教育課程を編成し提供する
  3. 口腔のみならず全身の健康という視点に立ち、自立した研究活動を遂行する能力を醸成する教育課程を編成し提供する
  4. 地域性を活かし先進的な歯科臨床及び研究に資する医歯工学連携講義・演習を編成し提供する
  5. 多職種と連携した研究を推進する能力を養成するために、連携大学及び医療機関においての講義・演習を編成し提供する
  6. 国際的視野を醸成するための教育課程を編成し、国際学会の参加の機会を提供する

 口腔保健学専攻 

  1. 医療・研究倫理観の醸成、生命科学及び関連領域に関する包括的知識の修得、地域包括ケアの実践につながる講義・演習を編成し提供する
  2. 先進的口腔保健学、生命科学、栄養学及び臨床研究に関する講義・演習を編成し提供する
  3. 科学的根拠に基づいた医療行政、歯科保健福祉活動に関する講義・演習を編成し提供する
  4. 医・歯・工・看護学などと協働して、全ての世代の口腔と全身の健康に係る研究展開につながる講義・演習を編成し提供する
  5. 多職種連携教育を通じて、幅広い専門研究展開につながる講義・演習を展開する
  6. 国際的視野を醸成するため、英語で研究発表するなど基本的スキルを修得するための講義・演習を編成し提供する

教育課程実施方針

 歯学専攻 

 九州歯科大学大学院履修規程に定められた単位を4年間で修得する。学生は授業要項に定められた主科目・副科目・選択科目の中から、研究に必要な講義・実習科目を能動的に選択し、研究に必要な知識・技能を修得する。4年次には研究成果報告書を提出し、学位論文の作成及び研究成果を報告する。
 研究成果については選出された審査委員により、研究成果発表会における質疑応答や発表内容及び報告書を評価基準に基づいて評価する。

 口腔保健学専攻 

 九州歯科大学大学院履修規程に定められた単位を2年間で修得する。学生は授業要項に定められた基礎科目・専門選択科目Ⅰ・専門選択科目Ⅱ・大学間連携科目の中から、研究に必要な講義・実習科目を能動的に選択し、研究に必要な知識・技能を修得する。2年次には研究成果の発表と研究成果報告書を評価する。

 

ディプロマポリシー(このような人材を育てます)

ディプロマポリシー

 歯学専攻 

  1. 生命科学に関する幅広い知識を習得し、自らが主体的に研究を遂行できる総合的能力が備わっていること
  2. 専門的医療人として、科学的根拠に基づいて論理的な思考を展開する能力を有し、先駆的医療の発展に貢献する能力が備わっていること
  3. 生涯にわたり研鑽し、全身の健康という視点に立った口腔領域の研究を先端的・独創的に推進する能力が備わっていること
  4. 学際領域の学問分野と協働し地域社会と連携した研究を展開し、地域社会の発展に寄与する能力が備わっていること
  5. 多職種と連携した歯科保健医療活動を通して、社会貢献する能力が備わっていること
  6. 海外の研究者との積極的な情報交換を行い、国際社会へ研究成果を発信できる能力が備わっていること

 口腔保健学専攻 

  1. 全人的歯科医療を展開する者として幅広い素養を持ち、地域住民に対して歯科保健医療福祉活動を行う総合能力が備わっていること
  2. 専門的医療人として先進的口腔保健活動の発展に貢献する能力が備わっていること
  3. 科学的根拠に基づいた口腔保健活動を実践する能力が備わっていること
  4. 全ての世代に対して全身の健康という視点に立った口腔保健活動を行う能力が備わっていること
  5. 多職種と主体的に連携して、口腔保健活動を通じて社会貢献する能力が備わっていること
  6. 国際的な視野に立った口腔保健活動を展開し、国内外に研究成果を発信する能力が備わっていること

学位授与基準

 歯学専攻 

 学生は九州歯科大学大学院履修規程に定める修了要件及び、学位授与基準(別記)を満たした者に、博士(歯学)の学位を授与する。

 口腔保健学専攻 

 学生は九州歯科大学大学院履修規程に定める修了要件及び、学位授与基準(別記)を満たした者に、修士(口腔保健学)の学位を授与する。

修了コンピテンシー領域

 歯学専攻 

  1. 主体的な研究を行うための総合能力
  2. 科学的根拠に基づく論理的思考能力
  3. 生涯にわたる研究遂行能力
  4. 地域社会と連携・発展に寄与する能力
  5. 多職種連携の実践
  6. グローバルマインド

 博士課程の修了コンピテンシー

 口腔保健学専攻 

  1. 先進的歯科医療人としての基礎的能力
  2. 高度専門的医療人としての社会貢献
  3. 科学的根拠に基づいた口腔保健学の実践
  4. 全ての世代に対する幅広な口腔保健活動展開
  5. 多職種連携による地域包括ケアシステム
  6. グローバルマインド

 修士課程の修了コンピテンシー

ページトップ