• TOP / 診療科のご案内

診療科のご案内

経験豊富なスタッフが、
“安心と信頼”の治療を行います。

当院では、各専門の診療科により部門構成されています。各診療科について、概要や担当医師などをご紹介します。

予診科

口腔診断科

予診科は、初めて九州歯科大学附属病院の歯科診療を必要とされる患者さまが受診するいわば玄関口です。患者さまの“今”の症状を治療するために診療科の中で最も適した専門診療科へご案内しています。

口腔保健科

口腔保健科

口腔保健科では、虫歯や歯周病の予防処置、要介護者などの口腔ケアなど、定期的な管理を中心とした口腔ケアを行っています。また、口腔の健康とともに全身の健康状態の向上を目指しています。

総合診療科

総合診療科

総合診療科では、プライマリ・ケアを中心とした一般歯科診療を担当しています。主に虫歯の治療、歯槽膿漏<のうろう>治療やそれらの予防から、治療後のメンテナンスまで、お口の中の健康を改善・維持するために必要な治療を行っています。

保存治療科

保存治療科

保存治療科では、保存修復治療、歯内治療、および歯の審美治療などを含む、いわゆる「歯の治療」を行っています。高解像度口腔内カメラによる精密検査や歯科用顕微鏡など、最新の機器を用いた高精度な治療を実施しています。

歯周病科

歯周病科

歯周病は、近年、糖尿病、動脈硬化、誤嚥<ごえん>性肺炎、低体重児出産などの全身疾患との関わりが注目されています。歯周病科では、歯周病治療を通じて、皆さまの健康増進や生活習慣病の改善を推進しています。

義歯科

義歯科

義歯科では、クラウンブリッジ、義歯などさまざまな補綴装置<ほてつそうち>を用いて咬合<こうごう>(かみ合わせ)や咀嚼<そしゃく>障害、発音障害および審美障害を回復するための治療を行っています。

口腔インプラント科

口腔インプラント科

口腔インプラント科では、入れ歯が気持ち悪くて長時間使用できない、固いものがかめない、見栄えが悪いなど、通常の治療方法では口腔機能回復が困難な患者さまに対し、口腔インプラントを用いた欠損補綴<ほてつ>治療を行っています。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、乳幼児から小・中学生の学童期までの小児を対象に、健全な永久歯列と口腔機能を有した子どもたちを育成することを目標として、長期にわたる口腔内管理を行っています。

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科では、矯正歯科治療により、咬合<こうごう>を良好な状態に回復し、生理的障害(実質的な障害)や心理的障害(精神的障害)を取り除き、患者さまが健康的な生活を営めQOLの向上に役立つことを目標としています。

口腔環境科

口腔環境科

口腔環境科では、高齢者や多剤服用者に多い歯科口腔疾患の治療、口の環境を支える唾液や口腔粘膜に関する疾患や異常感覚に対する治療など、歯科治療を行う際に特別な配慮の必要な方を中心に治療を行っています。

あんしん科[障害者(児)歯科]

あんしん科[障害者(児)歯科]

あんしん科[障害者(児)歯科]は、これまで精神発達障害、身体的障害、歯科治療恐怖症など、さまざまな症状を理由に歯科治療を受けることができなかった方々が「あんしん」して歯科治療を受けるための診療科(障害者歯科)です。

麻酔科・歯科麻酔科・ペインクリニック

麻酔科・歯科麻酔科・ペインクリニック

麻酔科・歯科麻酔科・ペインクリニックでは、手術を予定された方の術前診察を行っています。歯科治療を受けるのが怖い方、さまざまな合併症を持つ方の緊張を和らげ、時には寝た状態で歯科治療を受けることができます。

口腔内科・口腔外科

口腔内科・口腔外科

口腔内科・口腔外科では、顎<がく>変形症、口腔粘膜疾患、全身疾患に伴う口腔異常、顎<がく>関節症、有病者の観血的処置、インプラント前処置の骨造成などを対象として、専門的に診断、治療を行っています。

口腔顎顔面外科

口腔顎顔面外科

口腔顎顔面外科では、口腔、顎、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患に対し、主として外科的対応を行います。親知らずの抜歯から口腔がんの治療まで幅広く対応しています。

歯科放射線科

歯科放射線科・放射線部

歯科放射線科では、口腔顎<がく>顔面領域に発生する各種疾患に対し、画像検査および診断を行っています。特に、がん、歯科用インプラント、顎<がく>関節症に対するCTやMRIの診断精度は海外からも高く評価されています。

内科

内科

内科では、患者さまの訴えをよくお聞きして診断を行い、主に薬物による治療や生活上のアドバイスを行っています。また、診断の結果により、適切な病院を紹介しています。

外科

外科

外科では、消化器外科を中心として外科一般を対象に診察・治療を行っています。また、歯科の入院患者さまの術前・術後管理のサポート、褥瘡<じょくそう>(床ずれ)の処置や、中心静脈栄養などの特殊な点滴ルート確保も行っています。

ページトップ