診療科のご案内 義歯科

概要

クラウンブリッジ、義歯などさまざまな補綴<ほてつ>装置を用いて咬合<こうごう>(かみ合わせ)や咀嚼<そしゃく>障害、発音障害および審美障害を回復するための治療を行っています。また、外傷、口腔がん、唇顎口蓋<しんがくこうがい>裂などによって生じる歯顎<がく>口腔顔面領域の欠損に対する顎<がく>補綴<ほてつ>装置を用いた治療や、咬合<こうごう>が原因と考えられる顎<がく>関節症の治療、スポーツマウスガード、睡眠時無呼吸症候群患者に対するオーラルアプライアンス治療など、日本補綴<ほてつ>歯科学会や日本顎<がく>関節学会の専門医・指導医、日本顎<がく>顔面補綴<ほてつ>学会や日本磁気歯科学会の認定医が専門的な治療にあたっています。

外来担当表

対象となる疾患・症例

歯の実質欠損(虫歯)、歯の欠損、軟組織や顎の欠損、咬合<こうごう>性(かみ合わせが原因と考えられる)顎<がく>関節症、睡眠時無呼吸症候群、スポーツ外傷

検査・治療法の特徴

高度顎<がく>堤吸収などの無歯顎<がく>難症例に対するフランジテクニックを応用した義歯(入れ歯)を提供します。

フランジテクニックを応用して制作中の下顎全部床義歯(総入れ歯)

フランジテクニックを応用して制作中の下顎全部床義歯(総入れ歯)

義歯のクラスプ(入れ歯のバネ)が気になる方には、磁性アタッチメントを用いたマグネットデンチャーやノンメタルクラスプデンチャーを提供します。

磁性アタッチメントを利用した下顎部分床義歯

磁性アタッチメントを利用した下顎部分床義歯

先天的・後天的な歯顎<がく>口腔顔面領域の欠損に対して、チームアプローチによる顎<がく>補綴<ほてつ>装置を提供します。

左側上顎洞がん摘出後に制作された上顎義歯

左側上顎洞がん摘出後に制作された上顎義歯

咬合<こうごう>に起因する顎<がく>関節症に対するスプリント療法、睡眠時無呼吸症候群に対するオーラルアプライアンス、コンタクトスポーツ選手に対するスポーツマウスガードなどの各種マウスピースも提供しています。

診療実績

年間患者数:8,661名(1日平均患者数約36名)
(2015年度実績)

医師紹介

鱒見 進一
科長
氏名 鱒見 進一<ますみ しんいち>
職位 教授
認定 日本補綴歯科学会専門医・指導医
日本顎関節学会専門医・指導医
歯科医師臨床研修指導医
日本磁気歯科学会認定医
日本顎顔面補綴学会認定医
日本咀嚼学会健康咀嚼指導士
日本口腔顔面痛学会指導医
日本睡眠歯科学会認定医・指導医
学位 歯学博士
専門 有床義歯全般、顎補綴、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群
氏名 有田 正博<ありた まさひろ>
職位 准教授
認定 日本補綴歯科学会専門医・指導医
歯科医師臨床研修指導医
学位 歯学博士
専門 有床義歯全般、顎補綴、顎関節症
氏名 槙原 絵理<まきはら えり>
職位 講師
認定 日本補綴歯科学会専門医
日本顎関節学会専門医
歯科医師臨床研修指導医
日本磁気歯科学会認定医
日本顎顔面補綴学会認定医
日本咀嚼学会健康咀嚼指導士
学位 博士(歯学)
専門 有床義歯全般、顎補綴、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群
氏名 八木 まゆみ<やぎ まゆみ>
職位 助教
認定 日本補綴歯科学会専門医・指導医
日本磁気歯科学会認定医
歯科医師臨床研修指導医
学位 学士(歯学)
専門 有床義歯全般、顎補綴、顎関節症
氏名 河野 稔広<かわの としひろ>
職位 助教
認定 日本顎関節学会専門医
歯科医師臨床研修指導医
学位 博士(歯学)
専門 有床義歯全般、顎補綴、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群
氏名 宮嶋 隆一郎<みやじま りゅういちろう>
職位 医員
学位 博士(歯学)
専門 有床義歯全般
氏名 津田 尚吾<つだ しょうご>
職位 大学院生
学位 学士(歯学)
専門 有床義歯全般
氏名 島 義人<しま よしと>
職位 大学院生
学位 学士(歯学)
専門 有床義歯全般
氏名 渡邉 崇文<わたなべ たかふみ>
職位 大学院生
学位 学士(歯学)
専門 有床義歯全般
氏名 馬場 一英<ばば かずひで>
職位 大学院生
学位 学士(歯学)
専門 有床義歯全般

ページトップ