診療科のご案内 あんしん科[障がい者(児)歯科]

概要

 障害や病気などあらゆる理由で歯科治療が難しい患者様に対して、行動管理や全身管理を重視した方法を用いて歯科治療を行う診療科です。歯科麻酔と障害者、有病者歯科を専門とした歯科医師や歯科衛生士が担当しております。患者様に「あんしん」をご提供する事を目標としております。

あんしん科[障害者(児)歯科]受付

あんしん科[障がい者(児)歯科]受付

あんしん科[障害者(児)歯科]患者さま待合室

あんしん科[障がい者(児)歯科]患者さま待合室

障害者の歯科治療風景

障がい者の歯科治療風景

外来担当表

対象となる疾患・症例

精神発達・心理的発達と行動の障害
・知的能力障害、自閉スペクトラム症を含む発達障害など
神経・運動障害
・脳性麻痺、重症心身障害、パーキンソン病、脳血管障害後遺症など
感覚障害
・視覚障害、聴覚障害など
精神および行動の障害
・統合失調症、うつ病、神経症、心身症、認知症など
各種疾患・症候群
・てんかん、アレルギー疾患、ダウン症、その他症候群、難病など
その他
・歯科治療困難患者(歯科治療が苦手な患者、嘔吐反射が出る患者など)

 

検査・治療法の特徴

 当科では歯科麻酔と障害者歯科を専門とするスタッフとともに、患者様個人個人に合わせた治療方針を計画し、歯科治療を提供しています。認知行動療法、構造化プログラム(自閉スペクトラム症などの発達障害者に対する視覚支援)、笑気吸入鎮静法、静脈内鎮静法(眠くなるお薬を投与する)、全身麻酔法(睡眠状態で集中的に歯科治療を行う方法)などを用いて患者様の負担を可能な限り取り除き、歯科治療を提供しております。通常、静脈内鎮静法や全身麻酔法は日帰りで行いますが、患者様の状態によって短期入院でも行うことができます。

ansin.jpg

 

診療実績

年間患者数:2,188名(1日平均患者数約9名)
(2018年度実績)

  • 麻酔管理症例:675例
    (全身麻酔:114症例)
    (静脈麻酔法:225症例)
    (吸入鎮静法:336症例)

医師紹介

原野 望
科長
氏名 原野 望<はらの のぞむ>
職位 診療科長、講師
認定 日本障害者歯科認定医・指導医
日本歯科麻酔学会認定医・専門医
日本口腔顔面痛学会専門医
学位 博士(歯学)
専門 障がい者歯科、全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理、口腔顔面痛
氏名 渡邉 誠之<わたなべ せいじ>
職位 教授
認定 厚生労働省麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医
日本歯科麻酔学会指導医
日本集中治療医学会専門医
日本心臓血管麻酔学会暫定専門医
学位 博士(医学)
専門 全身麻酔管理、心臓血管麻酔、集中治療医学
氏名 茂山 幸代<しげやま ゆきよ>
職位 医長、助教
学位 博士(歯学)
認定 日本歯科麻酔学会認定医・専門医
日本障害者歯科学会認定医
専門 障がい者歯科、全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理
氏名 亀谷 綾香<かめたに あやか>
職位 研修登録医
認定 日本歯科麻酔学会認定医
学位 学士(歯学)
専門 障がい者歯科、全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理
氏名 近藤 きりこ<こんどう きりこ>
職位 大学院生
学位 学士(歯学)
専門 障がい者歯科、全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理

ページトップ