診療科のご案内 麻酔科・歯科麻酔科・ペインクリニック

概要

手術を予定された方の術前診察を行います。
歯科治療を受けるのが怖い方(小児でも成人でも構いません)、さまざまな合併症を持つ方へお薬やお鼻から吸うだけで緊張を和らげ、時には寝た状態で歯科治療を受けることができます。
お口の中や周りの痛みを少なくし、歯科治療後のまひの改善にお薬や神経ブロックで対応します。

麻酔科・歯科麻酔科・ペインクリニック受付

麻酔科・歯科麻酔科・ペインクリニック受付

オーラルペインクリニックでは星状神経節ブロックなども行っています。

オーラルペインクリニックでは星状神経節ブロックなども行っています。

外来担当表

対象となる疾患・症例

麻酔科

当院で手術を予定されている方で心筋梗塞、狭心症、高血圧、ぜんそく、肺気腫、糖尿病など循環器、呼吸器、内分泌の問題で日常生活が困難な方を対象に手術前に全身の状態を検査します。

歯科麻酔科

小児、大人でも歯科恐怖症、パニック症候群、過換気症候群など歯科治療を受けるのが怖い人、脳梗塞、高血圧、心筋梗塞、肺気腫など心臓や呼吸器に合併症があり緊張により症状の悪化が気がかりな人に対して歯科麻酔医が付き添いながら歯科治療を行います。

小児歯科治療

当科では日帰りを含む全身麻酔と静脈内沈静法を用いて小児歯科治療の安全性の向上を積極的に目指しています。

オーラルペインクリニック

歯もしくはお口の周りの痛み、さわった感覚がおかしい、無いなどの症状が対象です。歯に原因がないのにあたかも歯が痛いように感じる、何カ所かの歯科医院で診察を受けたが異常がない、原因不明と言われた歯痛、口腔インプラント、抜歯後などお口の周りの触った感じがおかしい、知覚がなくなった方の治療を行います。

検査・治療法の特徴

麻酔科

血圧、心拍数の検査、肺での酸素の取り込みの検査、血糖値の検査などを行い、全身麻酔、手術に耐えられるかどうかを評価します。特に歯科口腔領域の手術後におこる顎、顔面領域の変形などに注意して検査を組みます。

歯科麻酔科

笑気というガスを吸う方法、点滴から気持ちが和らぐお薬や眠くなるお薬を入れる方法で恐怖や心配をおさえて歯科治療を行います。緊張すると血圧が異常に高くなる人や脈波とても速くなる人、脳梗塞後のマヒがある人などの歯科治療に歯科麻酔医が付き添い対応します。

オーラルペインクリニック

顔面、口の痛みの原因はう触(虫歯)、歯周病、顎<がく>関節症以外にもたくさんありますが、患者さまの訴えられる痛みに耳を傾けます。歯科治療による神経まひの重症度を最新機器によって数値化してお知らせします。これまで治療を行ったまひ症例の蓄積により最も適切な治療法を提案します。治療としての薬物療法、神経ブロック療法、理学療法が主ですが、漢方薬による治療も行っています。

診療実績

年間患者数:3,838名(1日平均患者数約16名)
(2017年度実績)
麻酔科管理症例:1,702症例(全身麻酔症例、731症例、静脈麻酔632症例、吸入鎮静法339症例) 小児全身麻酔134症例 鎮静症例153症例)
(2017年度実績)
薬物療法:2,500件
神経ブロック療法:星状神経節ブロック2,278件、トリガーポイントブロック967件、末梢<まっしょう>三叉<さんさ>神経および三叉<さんさ>神経節ブロック(70件)など

  • 日本麻酔科学会認定施設
  • 日本歯科麻酔科学会認定施設
  • 日本口腔顔面痛学会認定施設

当科で実施している自由診療について

1. 静脈内鎮静法、静脈麻酔

【治療の概要】
歯科治療やインプラント手術に際して鎮静薬の点滴を行うことによって、リラックスした状態で治療を行う方法です。全身麻酔のように完全に眠ってしまうのではなく、うとうとしたようなぼんやりした状態になり、治療に伴う不安や恐怖感、ストレスによる血圧や脈拍の変動、嘔吐反射などの症状を軽くすることができます。
静脈内鎮静法は意識下で恐怖感や不安など精神的な負担を取り除くことができます。静脈麻酔は静脈内鎮静法よりもさらに深い鎮静状態へ導いてから治療を行う方法です。
専門の歯科麻酔医が心電図や血圧計による全身状態のチェックを行いながら鎮静薬を投与していきます。安定した状態で手術を受けていただけるよう、万全の状態で処置を行っています。

【治療の標準的な費用】
静脈内鎮静法:25,000円
静脈麻酔法:50,000円
入院下で行う場合は別途入院費用がかかります。

【治療に関するリスクや副作用など】
鎮静薬の使用量が多くなることにより、のどや気道の反射が抑制され、場合により胃の内容物が気道に流入し、窒息や肺炎(誤嚥性肺炎)になったり、呼吸が抑制されたりする可能性があります。このようなことが起こらないように注意深い観察のもと鎮静薬を投与していきます。
お薬等に対する予期せぬアレルギー反応、不整脈やその他の合併症が起こる可能性があります。その際に歯科麻酔医が直ちに治療が行えるよう、救急処置のできる体制・準備を常に整えています。

2. ケタミン療法

【治療の概要】
あらゆる治療法に抵抗を示す頑固な痛みの治療に用いる治療法です。ケタミンは全身麻酔薬として開発されましたが、強力な鎮痛効果と抗うつ効果を持つことが明らかにされたことにより、ペインクリニックでは痛み治療に使用されています。
全身状態を確認するために血圧や脈拍、呼吸状態を測定しながらケタミンを30分かけて注射します。治療後は十分な休息をとっていただき、担当医が安全を確認した後に帰宅を許可します。治療回数は痛みの程度を把握しながら1~10回程度行います。

【治療の標準的な費用】
ケタミン療法:4,000円

【治療に関するリスクや副作用など】
痛みの種類によっては痛みが完全になくならない可能性があります。
注射中は精神的な不快感を伴うことがありますが、それを予防するための薬剤も使用します。
お薬等に対する予期せぬアレルギー反応、不整脈やその他の合併症が起こる可能性があります。その際に歯科麻酔医が直ちに治療が行えるよう、救急処置のできる体制・準備を常に整えています。

医師紹介

渡邉 誠之
科長
氏名 渡邉 誠之<わたなべ せいじ>
職位 副病院長、診療科長、教授
認定 厚生労働省麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医
日本歯科麻酔学会指導医
日本集中治療医学会専門医
日本心臓血管麻酔学会暫定専門医
学位 博士(医学)
専門 全身麻酔管理、心臓血管麻酔、集中治療医学
氏名 椎葉 俊司<しいば しゅんじ>
職位 准教授
認定 日本歯科麻酔学会専門医
口腔顔面痛指導医
日本障害者歯科認定医
学位 博士(歯学)
専門 全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理、口腔顔面痛
氏名 左合 徹平<さごう てっぺい>
職位 助教
認定 日本歯科麻酔学会専門医
日本障害者歯科認定医
学位 博士(歯学)
専門 全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理、障がい者歯科
氏名 小川 昌洋<おがわ まさひろ>
職位 医員
認定 日本歯科麻酔学会認定医
学位 学士(歯学)
専門 全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理
氏名 河端 和音<かわばた かずね>
職位 大学院生
認定 日本歯科麻酔学会認定医
学位 学士(歯学)
専門 全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理
氏名 山田 史子<やまだ ふみこ>
職位 研修登録医
認定 日本歯科麻酔学会認定医
学位 博士(歯学)
専門 全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理
氏名 吉田 智子<よしだ ともこ>
職位 研修登録医
認定 日本歯科麻酔学会認定医
学位 学士(歯学)
専門 全身麻酔管理、歯科治療時の全身管理

ページトップ