当院について 臨床検査部

患者さまの正確な状態把握のために。

臨床検査部では主に歯科疾患の患者さまを対象に術前検査や、口腔内出血の原因、腫瘍の種類の診断、細菌感染の原因菌、およびインプラント装着のための口腔内の状態の把握などを行います。

主な検査内容

  • 生化学検査:現有疾患(肝臓病、糖尿病、他の臓器疾患)有無を検査します。
  • 血液学検査:出血の原因、貧血、血球計数や分類、血液疾患を検査します。
  • 一般検査:尿や便の潜血や他の臓器疾患の有無を検査します。
  • 腫瘍マーカー検査:口腔内悪性腫瘍の切除後の経過観察を検査します。
  • 輸血検査:血液型検査や輸血用血液の適合、不適合を検査します。
  • 生理学検査:心電図、肺機能などから疾患の有無を検査します。
  • 標本作製の病理組織検査:口腔内の腫瘍の診断、転移の有無を診断します。
  • 感染症検査:B型肝炎、C型肝炎、梅毒などの術前検査をします。

2012年度検査実績

血液・生化学・一般検査など104,179件
病理組織学検査(術中迅速含む)2,953件
血清学検査(輸血検査含む)1,768件
口腔細胞診(2013年1月~現在)538件
生理学検査1,463件
感染症検査3,304件
採血患者数7,960名

設備

生化学自動判定搬送システム、血糖測定装置、HbA1C測定装置、免疫自動分析装置、全自動血球計数装置、全自動血液凝固測定装置、全自動染色封入装置、自動包埋<ほうまい>装置、全自動尿分析装置、術中迅速標本作製装置を整備し、医療情報システムを構成しています。

舌がんの病理部位

舌がんの病理部位

舌がんの病理部位の顕微鏡写真

舌がんの病理部位の顕微鏡写真

上顎骨への浸潤部位

上顎骨への浸潤部位

成人T細胞性白血病(ATL)の細胞

成人T細胞性白血病(ATL)の細胞

ページトップ