学生生活 学費・奨学金・経済支援

九州歯科大学の入学金・授業料・検定料、その他本学が徴収する費用に関して以下の通りお知らせします。金額は平成25年度の徴収実績または本年度の徴収予定金額であり、実際の徴収額とは異なる場合があります。また、奨学金・経済支援制度についても紹介します。

入学金・授業料・検定料

  県内者 県外者
入学金 282,000円 520,000円
授業料 535,800円 535,800円
検定料 17,000円 17,000円

その他の入学時費用

  学生教育研究災害保険料 新入生宿泊研修費
歯学科 7,800円 6,900円
口腔保健学科 5,370円

教材購入費など

歯学科

  1年次生 2年次生 3年次生 4年次生 5年次生 6年次生
実習器具購入予定額 16,886円 51,100円 405,580円 113,253円 - -
4年生宿泊研修費 - - - 6,400円 - -
共用試験受験費用 - - - 28,000円 - -
学外施設交通費 - - - - 約5,000円 -
国家試験準備費 6年次生前年度対策委員一人当たり会費
教科書・参考書代 約30,000円/各年次

口腔保健学科

  1年次生 2年次生 3年次生 4年次生
実習器具購入予定額 31,270円 98,457円 - -
学外施設交通費 - - 約5,000円 -
国家試験準備費 4年次生前年度対策委員一人当たり会費
教科書・参考書代

約30,000円/各年次

授業料の減免・分割納付

1.学業成績が優秀で、かつ次の各号に該当し、授業料の納付が著しく困難と認められる場合、授業料を減免します。
 (留学生は原則対象外)

 (1)災害による著しい被害を受けた場合(納期前6月以内)
 (2)主たる学費負担者の死亡、生別、長期傷病、失業等(納期前6月以内)
 (3)生計同一者が生活保護受給
 (4)前各号に掲げる場合のほか、理事長が特に必要と認める場合

    ただし、次の各号に該当する場合は、授業料減免の対象外となります。
   ア.  授業料の未納がある
   イ.  合理的理由なく奨学金申請をしない

 ※申請は前期、後期ごとで、全額免除と半額免除のいずれかを選択できます。
 ※減免可能額は、原則として標準修業年限×授業料×1/2以内です。
 ※申込者多数で募集人員を超える場合は減免にならないことがあります。
 ※減免等申請書は学生支援班で配布します。

2.上記1の各号に該当し、授業料の納付が著しく困難と認められる場合、授業料の分割納付ができます。
 (学業成績不問)

※分割納付は、前期分については同年度の9月末日まで、後期分については同年度の3月末日までに納付を完了するものとし、各期ごとに6回を超えない範囲とします。

奨学金制度

学業成績が優秀で、かつ経済的な理由で修学が困難な学生に対して、さまざまな奨学金制度があります。毎年多くの学生が、奨学金の貸与を受けながら勉学に励んでいます。

留学生を対象とした奨学金制度

永松奨学会

永松奨学会は、初代学長である故・永松 勝海先生のご遺族からの寄付金で発足された、九州歯科大学独自の奨学金制度です。創立50周年記念事業の一つとして1968年に発足し、今日まで学生の支援を続けてきました。成績優秀、品行方正、身体強健であり、経済的理由で修学が困難と認められる学生に対して、月額30,000円または50,000円の奨学金が無利息で貸与されます。

その他奨学金のお知らせ

募集があり次第ここに追加されます。

経済支援

ここでは、経済支援の案内を行っています。その他の奨学金は掲示板などで確認するようにしてください。また、詳細を知りたい方は学生支援班までお越しください。

交通遺児育英会奨学生の募集(平成25年5月9日掲載)

申し込み資格

保護者等が自動車事故やバイクの事故など、道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害のために働けず、経済的に修学が困難な生徒・学生であること。

  • ※申込時29歳までの人
  • ※他の奨学金制度と併用可

申し込みを希望する学生は、学生支援班まで書類を取りに来てください。なお、応募に際しては各自必要書類を整え、直接提出してください。

ページトップ