教育連携 単位互換制度

学生の幅広い興味に柔軟に対応し、
専門性を追求します。

単位互換制度とは、他大学との協定に基づき他大学の科目を履修し、その修得単位を九州歯科大学の履修単位として認定する制度です。協定大学からは、それぞれ特色のあるユニークな授業科目が提供されています。少し違った分野について学んだり、他大学を受講することで幅広い見識を身に付けたりしたいと思う学生は、ぜひ活用してみてください。

北九州地区4大学での単位互換協定

平成25年6月7日、文部科学省の「平成24年度大学間連携共同教育推進事業」に採択された「地域連携による『ものづくり』継承支援人材育成協働プロジェクト」に基づき、九州工業大学、北九州市立大学、産業医科大学との間で、単位互換協定を締結しました。
今回の協定締結により、平成26年4月1日以降は4大学間で学生の相互受け入れが可能となります。
この取り組みにより、4大学が協働して、医療分野、福祉分野、工学・技術分野という各大学の専門性と特色を生かしつつ、学習内容を相互補完・拡充し、地域のニーズに応じた学際的な視野を持った人材の育成を推進します。

単位互換科目一覧

北九州市立大学 九州工業大学 九州歯科大学 産業医科大学
  • 高分子物性論
  • 生体材料論
  • 物理化学概論
  • 生体力学
  • 臨床研究デザインと実践Ⅰ
  • 臨床研究デザインと実践Ⅱ
  • 高齢期歯科疾患概論Ⅰ
  • 高齢期歯科疾患概論Ⅱ
  • 産業医学研究基盤コース
  • 医学研究概論

歯工学連携

九州工業大学と歯工学連携大学院を開設する協定を締結し、双方の大学に歯工学連携教育研究センターを設置しています。これは国内初の取り組みとなり、本学ではオーラルバイオ研究センターを中心に、歯学・工学を融合させた領域の教育研究を行っています。
歯科医療に関する世界最高水準の研究成果とともに、関連産業分野で必要とされる優れた専門技術者および研究開発者の人材輩出を目指しています。これを通じ、「口腔保健の向上と生活の質(Quality of Life:QOL)の改善」を図っていきます。

単位互換科目一覧

九州工業大学 九州歯科大学
  • 知的システム構成特論
  • 分析化学特論
  • バイオ計測学特論
  • 生体機能材料
  • 環境適応機能
  • 生体力学
  • 歯科放射線学概論
  • 顎<がく>顔面外科学概論
  • 化学感覚受容概論
  • 先進歯髄疾患治療学概論
  • 歯周病学概論

ページトップ