研究・産学連携 産学共同研究・受託研究

産業界のニーズに、
豊富な実績と研究成果でお応えします。

九州歯科大学では、さまざまな分野において産業界との連携を強めており、これまでも多くの企業と共同研究や受託研究を行ってきました。主な研究内容と年度ごとの件数は次の通りです。

研究・産学連携
年度 件数 主な研究内容
平成22 12
  • ・口腔保潤剤の開発
  • ・MEMSセンサ・デバイスの高感度化とシステム化技術の研究開発
  • ・物理刺激療法が口腔軟組織および硬組織に及ぼす影響
平成23 10
  • ・インプラントの最適設計を目的とした術前検証システムの開発
  • ・実験動物およびヒトを用いた唾液分泌に関する生理学的・臨床的検討
平成24 10
  • ・インプラント周囲炎の治療を可能にする流水式超音波歯垢除去器の開発
  • ・ヒト由来試料の質と歯科臨床指標との関連性研究
平成25 10
  • ・高齢者の唾液中たんぱく質を指標とした低栄養マーカーの検証に関する研究
  • ・新規バイオガラス配合セメントの歯科領域における製剤開発
  • ・義歯装着患者の咀嚼能力評価
平成26 9
  • ・発泡成分に石けんを用いた塩入り歯磨き 粉の有効性の検証
  • ・IL-1、IL-6、TNF αに高特異的・高感度な抗体作成に関する研究
  • ・「舌診」を応用した健康管理システム・サービス
  • ・光学的手段を用いた口腔粘膜観察装置の診療応用および診断法の開発 等
平成27 9
  • ・歯科診察時のストレス緩和におけるリラクゼーションシステム効果
  • ・口腔がん検出のためのシステム評価の検討
  • ・高齢者の摂食嚥下・栄養に関する地域包括的ケアについての研究
  • ・頭頸部腫瘍術後患者における咀嚼嚥下訓練用食品の有用性の評価 等
平成28 4
  • ・ 光学的手段を用いた口腔粘膜観察装置の診療応用および診断法の開発
  • ・ 口腔機能管理を通じた高齢者のQOL(生活の質)向上の検討
  • ・ 歯科衛生士の医科歯科連携での口腔機能管理に関するリカレント教育プログラムの開発
平成29 7
  • ・ 新規バイオガラス配合セメントの有用性評価と臨床研究予備検討
  • ・ βグルカンを用いた歯周病悪化を抑制する口腔内にやさしい歯磨剤の開発に関する研究
  • ・ 口内炎の疼痛抑制に有効な成分と基剤の探索に関する研究
  • ・ 高度画像復元技術を用いた超小型内視鏡イメージング

ページトップ