学生生活 学生サポート・福利・厚生制度

学内外のさまざまな制度・組織・サービスが、
皆さんの学生生活を支えます。

九州歯科大学は、スチューデントアワー制度、後援会・同窓会などの組織、福利・厚生制度など、学生生活をサポートするさまざまなサービスを提供しています。それらを上手に活用し、皆さんが充実したキャンパスライフを過ごせることを期待しています。

スチューデントアワー制度

1年次の学生は約10名ずつに班分けされ、それぞれの班を1名の教員が担当し、学習や生活についての相談・助言を行います(助言教員制度)。2~6年次の学生は自由に教員に相談できますが、さらに助言が受けられやすいように、毎年度当初に助言教員表を掲示します。これには、教員が対応可能な時間帯(スチューデントアワー)を掲載します。この制度は、学生生活を楽しく過ごしてもらうために導入していますので、学生の皆さんは積極的に活用してください。

後援会

後援会は、大学院を含む九州歯科大学に在学する学生の保護者で組織されています。その活動は、学生の課外活動や大学院生の研究に対する助成だけでなく、教育および研究の向上と教育環境の整備ならびに大学の運営に対して積極的な協力を行っています。また、大学教職員と協力して学生の生活指導にも力を注ぐとともに、福祉共済として後援会独自の保険によって学生生活における万一の事故に備えた態勢を整えています。このように一貫して保護者サイドに立った後援組織は、全国の歯科大学と比較しても充実しており、重要な役割を果たしています。

同窓会

同窓会は九州歯科大学とともに長い歴史を歩み、歯科界や大学の発展に多大な貢献をしています。また、学生の皆さんが立派な歯科医師として育つよう、さまざまな面でサポートしています。同窓会が主催する生涯研修セミナーやシンポジウムなども非常に好評を得ており、就職についても全国の先輩などのお世話があるため安心できます。このように在学中から卒業後の生涯にわたり、同窓会の存在意義は極めて大きいものがあります。

ページトップ