学部・大学院 歯学部口腔保健学科

歯学科とも連携を行い、
さまざまな職域で活躍できる人材を育てます。

口腔保健学科では、歯科衛生士として患者さまのライフステージに応じた仕事が行えるよう、歯学科とも連携を図り、充実した臨床教育を実施しています。幅広い素養を備えた本学の卒業生が、歯科診療所や病院歯科はもとより、介護保険施設、大学・研究機関、歯科関係企業、行政機関など、さまざまな職域で活躍することを期待しています。

教育目標・ポリシー

教育目標・ポリシー

歯学部口腔保健学科で定めた教育目標、アドミッションポリシー(AP)、カリキュラムポリシー(CP)、ディプロマポリシー(DP)をご紹介します。

教育カリキュラム

教育カリキュラム

カリキュラムおよび基礎系科目・臨床系科目・臨床実習などの一部を紹介します。

履修科目・単位数、シラバス

履修科目・単位数、シラバス

履修科目・単位数、シラバスについてご紹介します。

ならではの学び

ならではの学び

歯学科との合同実習や充実した臨床教育、豊富な栄養関連科目、WADS(ワッズ)キャンプなど、九州歯科大学ならではの特長ある教育について紹介します。

進路

進路

歯学部口腔保健学科を卒業した後の進路について、在学中の就職支援の取り組みと共に紹介します。

ページトップ