学部・大学院 ポリシー・コンピテンシー

歯学部口腔保健学科のアドミッションポリシー(AP)、カリキュラムポリシー(CP)、ディプロマポリシー(DP)およびコンピテンシーを以下のとおり定めます。

九州歯科大学憲章

アドミッションポリシー(このような学生を求めています)

  1. 口腔保健学を中心とする学士課程教育を受けるために必要な幅広い基礎学力を備えている人
  2. 豊かな人間性とコミュニケーション能力を有し、主体的に多様な人々と協働できる人
  3. 論理的思考能力および問題解決能力を備え、自ら新しい課題に意欲的にチャレンジする人
  4. 口腔保健および保健医療福祉に強い興味を持ち、生涯を通じて学習意欲を持続できる人
  5. 歯科衛生士として地域住民の健康増進および国際社会に貢献しようという強い意欲を持った人
 

カリキュラムポリシー(このような教育を行います)

  1. 全人的歯科医療人として具備すべき、倫理観やコミュニケーション能力を涵養するために、人文科学系科目および社会科学系科目を充実させる
  2. 歯科衛生士として社会に貢献するために、専門基礎分野および歯科衛生学分野に関する科目を充実させる
  3. 科学的根拠に基づいた口腔保健活動を実践するために、ロジカルおよびクリティカルシンキングを重視した科目を充実させる
  4. 口腔と全身の健康との関連性を理解する能力を培うために、関連医学分野ならびに高齢者歯科保健科目を充実させる
  5. 保健・医療・福祉の分野と連携できる人材を育成するために、医学・看護学一般・食育と栄養・摂食嚥下支援・先進医療および先進歯科医療に関する科目を充実させる
  6. 国際的な視野を広げ、医療の国際化に対応できる歯科医療人を養成するために、実践的な外国語教育科目を充実させる
  7. 問題解決能力および研究能力を醸成するために、テュートリアル教育・卒業研究などの科目を充実させる。
 

ディプロマポリシー(このような人材を育てます)

  1. 豊かな教養、人間性、学識を有し、地域住民に対して充分な保健医療福祉活動ができる基礎的能力が備わっていること
  2. 歯科衛生士として求められる専門的知識・技術・態度が備わっていること
  3. 科学的根拠に基づいた口腔保健活動を実践する方法論を身につけていること
  4. 全ての世代に対して全身の健康という視点に立った歯科衛生活動をできる基礎的能力が備わっていること
  5. 多職種とともに地域の保健・医療・福祉の分野で社会貢献できる基礎的能力が備わっていること
  6. 国際的な視野に立って口腔保健活動を行う基礎的能力が備わっていること
  7. 学際領域の学問分野とともに、地域社会の発展に寄与する国際的な研究を展開する基礎的能力が備わっていること

卒業コンピテンシー領域

  1. 全人的歯科医療人としての素養
  2. プロフェッショナリズム
  3. 口腔保健学の知識
  4. 科学的根拠に基づく口腔保健の実践
  5. 全ての世代に対する幅広い歯科衛生活動
  6. 多職種連携の実践
  7. グローバルマインド
  8. リサーチマインド

ページトップ