学部・大学院 教育カリキュラム

口腔保健学科の教育カリキュラムは、優れた理解力・思考力・倫理観を併せ持ち、将来的な社会ニーズに適応できる歯科医学の知識・技術を兼ね備えた人材を育成するために構成されています。

カリキュラム

カリキュラムマップ
 

カリキュラムマップ

  icon_arrow_linkbox_next.gif カリキュラムマップ icon_pdf.gif

 

科目・実習

基礎

口腔保健学は医学領域に属するため、歯学や医学と同じ基礎医学系専門科目を学びます。基礎医学系専門科目には、ヒト全身の構造と機能を学ぶ「基礎生命科学」や、ヒトの口腔を中心とした構造と機能を学ぶ「基礎摂食嚥下<えんげ>学」があります。また、臨床に少し近い科目として「病理学」「感染症学」「薬理学」「衛生学」「栄養学」などがあります。これらの知識は、臨床の現場に欠かせない医療従事者との共通基礎知識です。

基礎

臨床

臨床系科目は必須科目と選択性専門科目があり、歯科衛生士や口腔保健学研究者となるために必要な知識・技術を習得します。必須科目では臨床歯科医学一般と、歯科衛生士の三大業務である「歯科予防処置」「歯科診療の補助」「保健指導」を学びます。選択性専門科目の摂食嚥下<えんげ>支援分野では「訪問介護歯科学」「リハビリテーション医学」、また先進歯科医療分野では「再生歯科医学」「歯科インプラント学」などを学びます。

臨床

臨床実習

臨床実習は、九州歯科大学附属病院や外部の病院・施設で実際に患者さまと接する参加型の実習を心がけています。患者さまの訴えや悩みを受け止め、身をもって体験することで、これまでの学習がどのように生かされるのかを確認するとともに、歯科医療人としての責任の重さを自覚することが大切です。臨床実習で学ぶ専門診療科の知識は、卒業後の臨床や研究に直結する重要な領域です。

臨床実習

ページトップ