研究・産学連携 クリニカルクラークシップ開発学分野

概要

当分野は、2016年4月に開設された新しい分野で、卒業時に求められる歯科医師としての臨床能力を習得させるために必要な診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)を中心とした臨床教育の中核的な役割を担っております。
臨床教育に関しては、他分野の教員と共に、臨床実習運営室ならびに第1総合診療科の管理・運営を担当し、予防から治療、その後の健康管理までを行う包括診療(プライマリ・ケア)を実践できる総合歯科医の育成を目指し、日々取組んでおります。また研究に関しては、教育研究から臨床、疫学、基礎研究といった様々な分野で研究活動を行っています。研究を通じて、歯学教育ならびに歯科医学の発展に、また地域住民の健康増進に研究成果を還元することを目標としております。また、2019年4月から歯科医療管理学の教育・研究も担当しています。

クリニカルクラークシップでの朝礼(5年次生)
臨床体験実習での相互実習体験(1年次生)
クリニカルクラークシップでの自験(6年次生)

研究テーマ

  • クリニカルクラークシップの教育システムに関する研究
  • 歯学臨床教育における臨床能力評価システムに関する研究
  • 包括的歯科診療の実践臨床技能を習得するための教育システムに関する研究
  • クリニカルクラークシップにおける医療安全管理に関する研究
  • 歯周病予防・治療のための創薬に関する研究
  • 口腔と全身健康に関する研究
  • 患者の心理学的研究
  • 歯学部学生の心理学的研究
  • 歯科医療管理学に関する研究

所属構成員

粟野 秀慈
氏名 粟野 秀慈
役職 教授
研究内容
  • ・歯学臨床教育に関する研究
  • ・歯周病予防のための研究
  • ・口腔と全身健康に関する研究
  • ・口臭症に関する研究
守下 昌輝
氏名 守下 昌輝
役職 准教授
研究内容
  • ・診療情報二次利用の新たな手法の開発
  • ・診療情報を用いた病院経営改善の手法に係る研究
  • ・歯科医療管理学の教育展開方法の開発
  • ・微小流路実験システムを用いた宿主-寄生体相互関係に関与する因子の解析
  • ・アテローム性動脈硬化症と歯周病との関わりの解明
村岡 宏祐
氏名 村岡 宏祐
役職 講師
研究内容
  • ・歯学臨床教育に関する研究
  • ・実験的歯周炎モデルを用いた歯周疾患に関する研究
  • ・歯科心身症と歯周疾患の関する研究
  • ・歯周疾患と脳賦活化に関する研究

担当授業科目

  • クリニカルクラークシップⅠ~Ⅲ
  • 臨床体験実習Ⅰ~Ⅲ
  • スキルアップ実習Ⅰ~Ⅲ
  • プロフェショナリズムⅢ、Ⅳ、Ⅴ

主な実績

著書

  • 竹原直道、廣藤卓雄(監修)、粟野秀慈(編集責任者)、他:必修 臨床研修歯科医ハンドブック 第4版、医歯薬出版、2015.

論文

  • Awano S, Dawson LA, Hunter AR, Turner AJ, Usmani BA: The endothelin system in oral squamous carcinoma cells:Specific siRNA targeting of ECE-1 blocks cell proliferation. Int J Cancer. 118(7):1645-1652, 2006.
  • Kurata H, Awano S, Yoshida A, Ansai T, Takehara, T: The prevalence of periodontopathogenic bacteria in saliva is linked to periodontal health status and oral malodour. J. Med. Microbiology 57:636-642, 2008.
  • Awano S, Ansai T, Takata Y, Soh I, Yoshida A, Hamasaki T, Kagiyama S, Nakamichi I, Sonoki K, Takehara T: Relationship between volatile sulphur compounds in mouth air and systemic disease. J. Breath Res.2:017012, 2008.
  • Awano S, Ansai T, Takata Y, Soh I, Akifusa S, Hamasaki T, Yoshida A, Sonoki K, Fujisawa K, Takehara T: Oral Health and mortality risk from pneumonia in the elderly.J. Dent. Res. 87:334-339, 2008.
  • Awano S, Takata Y, Soh I, Yoshida A, Hamasaki T, Sonoki K, Ohsumi T, Nishihara T, Ansai T.: Correlations between health status and OralChroma™-determined volatile sulfide levels in mouth air of the elderly. J Breath Res. 2011 Sep 22;5(4):046007.
  • Iizuka N, Awano S, Ansai T: Salivary α-amylase activity and stress in Japan Air Self-Defence Force cargo pilots involved in Iraq reconstruction. American Journal of Human Biology, 2012 Feb 18. doi: 10.1002/ajhb.22247.
  • Nakata M, Awano S, Kinoshita N, Yoshida A, Ansai T: Neutral endopeptidase regulates neurogenic inflammatory responses induced by stimulation of human oral keratinocytes with bacterial lipopolysaccharide and nicotine. Eur J Oral Sci. 121: 434-442, 2013.
  • Kinoshita N, Awano S, Yoshida A, Soh I, Ansai T: Periodontal disease and gene expression of metalloendopeptidases in human buccal mucosal epithelium. J Periodontal Res. 48:606-614, 2013.
  • Tearatani G, Awano S, Soh I, Yoshida A, Kinoshita N, Hamasaki T, Takata Y, Sonoki K, Nakamura H, Ansai T: Oral health in patients on haemodialysis for diabetic nephropathy and chronic glomerulonephritis. Clin Oral Investig. 17: 483-489, 2013.

ページトップ