研究・産学連携 口腔内科学分野

概要

口腔内科学分野は2013年4月に開設されました。口腔内科学(Oral medicine)は 「歯科患者の口腔だけに視点を向けず、大局的立場に立ち、全身的背景を考慮した口腔疾患の診断と治療を目的とし、外科的なアプローチを主体とせずに口腔の医療にあたるもの」と定義されています。
口腔内科が開設された背景には、わが国が超高齢社会を迎えたことがあります。全身疾患を持った口腔疾患患者が増加しており、それに対応できる歯科医師の養成を目指し、以下の教育目標を掲げています。

  • 1.全身疾患や全身的な背景を考えながら口腔疾患の診断と治療を進めることができる。
  •  
  • 2.全身疾患を持った患者の口腔疾患の治療を行うに際して、口腔疾患の治療が全身に及ぼす影響と全身疾患が口腔疾患の治療に与える影響について理解を深める。
  •  
  • 3.他科の医師をはじめとした関連する職種の人たちとの医療連携、チーム医療を理解する。
  •  

本教室は附属病院の口腔内科・口腔外科を担当しています。口腔粘膜疾患や顎<がく>関節症などのいわゆる口腔内科的疾患に加えて、顎<がく>変形症や歯科用インプラント治療前の骨造成など口腔外科全般を担当し、外来および病棟での診療にあたっています。

イメージ
イメージ

研究テーマ

  • 顎変形症の臨床的研究
  • 口腔癌の診断治療に効果的な標的分子に関する研究
  • 口腔癌の浸潤に関する分子生物学的研究
  • 歯科用インプラントの基礎的臨床的研究
  • 新しい骨造成、顎骨延長法の開発に関する研究
  • 顎関節症に関する分子生物学的研究
  • ビスフォスフォネート関連骨壊死に関する研究

所属構成員

吉岡 泉
氏名 吉岡 泉
役職 教授
研究内容
  • ・顎変形症、顎関節疾患、口腔粘膜疾患、骨造成、口腔癌
吉賀 大午
氏名 吉賀 大午
役職 准教授
研究内容
  • ・薬剤関連顎骨壊死、前癌病変、口腔癌、シェーグレン症候群
國領 真也
氏名 國領 真也
役職 病院講師
研究内容
  • ・口腔粘膜疾患、ビスフォスフォネート関連顎骨壊死
鶴島 弘基
氏名 鶴島 弘基
役職 助教
研究内容
  • ・ビスフォスフォネート関連顎骨壊死、顎変形症
坂口 修
氏名 坂口 修
役職 助教
研究内容
  • ・ビスフォスフォネート関連顎骨壊死、口腔癌
田中 純平
氏名 田中 純平
役職 助教
研究内容
  • ・ビスフォスフォネート関連顎骨壊死
大谷 泰志
氏名 大谷 泰志
役職 助教
研究内容
  • ・顎関節疾患、粘膜疾患
平林 文香
氏名 平林 文香
役職 助教
研究内容
  • ・口腔粘膜疾患、顎関節疾患

担当授業科目

  • 口腔内科学
  • 臨床推論
  • 連携医学

主な実績

著書

  • 吉岡泉 (分担執筆) 口腔外科のレベルアップ&ヒント 肝疾患・腎疾患などの全身疾患による口腔病変246-247 デンタルダイヤモンド社,2019
  • 吉岡泉・大澤賢次(分担執筆) 高齢者への戦略的歯科治療 自立高齢者の口腔外科治療95-100 医歯薬出版、2017
  • 吉岡泉(分担執筆) ATLAS of Oral Disease  10-1-c Angular stomatitis,10-1-d Hemangioma and vascular maiformation 240-243、10-2 Tongue lesions 244-253 クインテッセンス出版、2016

原著論文

  • Shiotsugu, Ariyoshi,Okinaga,Yoshiga,Habu,Yoshioka,Nishihara: The biological effects of Interleukin-17A on adhesion molecules expression and foam cell formation in atherosclerotic lesions. Journal of Interferon and Cytokine Research  2019 inpress
  • Ohtani T, Habu M, Nakahara T, Tominaga K, Yoshioka I:Simple patient-specific instrument for intraoral vertical ramus osteotomy British Journal of Oral & Maxillofacial Surgery ; 57(4):381-382 May 2019
  • Yuko Nakao, D.D.S.; Hisako Hikiji, D.D.S., Ph.D.; Toshinori Okinaga, D.D.S., Ph.D.; Jun Takeuchi, Ph.D.; Manabu Habu, D.D.S., Ph.D.; Daigo Yoshiga, D.D.S., Ph.D.; Izumi Yoshioka, D.D.S., Ph.D.; Tatsuji Nishihara, D.D.S., Ph.D.:Accumulation of hyaluronic acid in stromal cells modulates osteoclast formation by regulation of receptor activator of nuclear factor kappa-B ligand expression Biochemical and Biophysical Research 512 (2019), 537-543 2019
  • Ikeda H , Yoshiga D, Kokabu S, Ariyoshi W, Tsurushima H, Sakaguchi O, Tanaka J, Kaneko J, Habu M, Sasaguri M, Jimi E, Nishihara T, Yoshioka I, and Tominaga K. :Evaluation of therapeutic effects of teriparatide in a rat model of zoledronic acid-induced bisphosphonate-related osteonecrosis.  JOMSMP in press 2019
  • Kokuryo S, Yoshioka I, Okinaga T, Higashi N, Ooho A3, Tsuchihashi T, Kobayashi Y, Takayama K, Kobayashi K, Nozaki T, Enomoto Y, Matsumura Y and Nishihara T: Development of a High-sensitivity Detection Device for Hepatitis B Virus Surface Antigen in Saliva  J Diagn Tech Biomed Anal Vol: 7 Issue: 2 2018
  • Shinya Kokuryo , Manabu Habu , Ryosuke Kita, Takeshi Katsuki, KazuhiroTominaga, IzumiYoshioka : Comparison of the Effects of Ultrasonic and Conventional Surgery on the Neurosensory Disturbance After Bilateral Sagittal Split Osteotomy , Journal of Oral and Maxillofacial Surgery , Pages 1539-1545 Volume 76, Issue 7, July 2018
  • Ikuya Miyamoto, Tetsu Takahashi, Tatsurou Tanaka, Bunichi Hirayama, Kenko Tanaka, Toru Yamazaki, Yasuhiro Morimoto & Izumi Yoshioka : Dense cancellous bone as evidenced by a high HU value is predictive of Late implant failure:a preliminary study Oral Radiology Volume 34, Issue 3, pp 199–207 September 2018
  • M Habu, K Tominaga, H Tsurushima, S Kokuryo, D Yoshiga, I Yoshioka; Various Modifications of Horseshoe Osteotomy  Int J Oral and Mxillofac.Surg. 2018 in press
  • Hirabayashi F, Iwanaga K, Okinaga T, Takahashi O, Ariyoshi W, Suzuki R, Sugii M, Maruyama K, Tominaga K, Nishihara T. : Epidermal growth factor receptor-targeted sonoporation with microbubbles enhances therapeutic efficacy in a squamous cell carcinoma model.  PLoS One. 2017 Sep 22;12(9):e0185293. doi: 10.1371/journal.pone.0185293. eCollection 2017
  • Tominaga K, Habu M, Iwanaga K, Kodama M, Tsurushima H, Kokuryo S, Miyamoto I, Fukudome Y, Yoshioka I.:Maxillary single-jaw surgery combining Le Fort I and modified horseshoe osteotomies for the correction of maxillary excess, Int J Oral Maxillofac Surg. 45: 194–199. 2016

ページトップ