研究・産学連携 臨床疫学

概要

 臨床疫学とは、疫学手法を応用して、診療行為や検査・治療法などの有効性と効率性を評価する学問です。当分野では国際的な視点を持ち、エビデンスを活用するだけでなく自ら研究によってエビデンスを導き出し、リーダーとなる歯科医師すなわち「国際的視点を持つハイブリッド型リーダー歯科医師」の育成を目標として掲げています。
 教育面では、臨床疫学、Evidence-Based Dentistry(根拠に基づく歯科医療)および国際的な視野を涵養するための科目を担当しています。研究面では、臨床家と共に日常診療における様々な疑問を解決するための臨床疫学研究を行っています。特に力を入れているのが、米国National Dental PBRNとの国際共同研究です。

研究テーマ

  • 歯学領域における臨床疫学研究
  • 診断、治療効果、予後の評価に関する国際比較研究
  • 日米Dental PBRN国際共同研究
  • Evidence-Practice Gapに関する研究

所属構成員

角舘 直樹
氏名 角舘 直樹
役職 教授
研究内容
  • ・歯学領域における臨床疫学研究
  • ・診断、治療効果、予後の評価に関する国際比較研究
  • ・日米Dental PBRN国際共同研究
  • ・Evidence-Practice Gapに関する研究

担当授業科目

学部

  • Evidence-Based Dentistry
  • 国際歯科医学概論
  • 国際歯科医学実習

大学院

  • 臨床研究デザインⅠ
  • 臨床研究デザインⅡ
  • 臨床疫学Ⅰ
  • 臨床疫学Ⅱ
  • 臨床疫学Ⅲ
  • 臨床疫学演習
  • 臨床疫学講究

主な実績

著書

  • 角舘直樹:Evidence-Based dentistry入門―世界のエビデンスを日々の診療にいかす―,永末書店,2015.
  • 角舘直樹:歯科診療に基づく研究・英語論文執筆ガイド、医歯薬出版、東京、2011.

原著論文

  • Kakudate N, Yokoyama Y, Sumida F, Matsumoto Y, Gordan VV, Gilbert GH, Velly AM, Schiffman EL. Dentist practice patterns and therapeutic confidence in the treatment of pain related to temporomandibular disorders in a dental practice-based research network. Journal of Oral and Facial Pain and Headache 31(2):152-158, 2017.
  • Kakudate N, Yokoyama Y, Sumida F, Matsumoto Y, Gordan VV, Gilbert GH. Use of clinical practice guidelines by dentists: findings from the Japanese Dental Practice-Based Research Network. Journal of Evaluation in Clinical Practice 23(1):96-101, 2017.
  • Yokoyama Y, Kakudate N, Sumida F, Matsumoto Y, Gilbert GH, Gordan VV. Evidence-practice Gap for Dental Sealant Application: Results from a Dental Practice-based Research Network in Japan. International Dental Journal 66(6):330-336, 2016.
  • Kakudate N, Sumida F, Matsumoto Y, Yokoyama Y, Riley JL Ⅲ, Gilbert GH, Gordan VV. Dentists' decisions to conduct caries risk assessment in a dental practice-based research network. Community Dentistry & Oral Epidemiology 43(2): 128-134, 2015.
  • Kakudate N, Sumida F, Matsumoto Y, Yokoyama Y, Gilbert GH, Gordan VV. Dentists' decisions about occlusal caries treatment thresholds in Dental PBRN. Operative dentistry 39(5):473-480, 2014.
  • Yokoyama Y, Kakudate N, Sumida F, Matsumoto Y, Gilbert GH, Gordan VV. Dentist's Practice Patterns and the Promoting Factors of Preventive Dentistry in a Dental Practice-Based Research Network. BMJ Open 3(9):e003227, 2013.
  • Yokoyama Y, Kakudate N, Sumida F, Matsumoto Y, Gilbert GH, Gordan VV. Dentists' dietary perception and practice patterns in a dental practice-based research network. PLoS One 8(3):e59615, 2013.
  • Kakudate N, Sumida F, Matsumoto Y, Manabe K, Yokoyama Y, Gilbert GH, Gordan VV. Restorative Treatment Thresholds for Proximal Caries in Dental PBRN. Journal of Dental Research 91(12):1202-1208, 2012.

分野ホームページ

ページトップ