研究・産学連携 口腔病態病理学分野

概要

口腔内にはう蝕(虫歯)や歯周病以外に、口腔がんをはじめさまざまな病気が生じます。当分野は口腔顎<がく>顔面領域に生じうるさまざまな病気の本態を明らかにすることを目指す基礎歯科医学の一分野です。またさまざまな病気をいかに正確に診断するのか、あるいは治療によりどのような変化が起こり最終的にどのように治癒するのかなどについて、実際の症例や動物実験などを通して研究し、歯科臨床に役立てるという目的も含まれます。このように当分野は基礎歯科医学と歯科臨床の橋渡し的な役割を果たしているともいえます。

研究テーマ

  • 口腔がんの増殖、浸潤、転移のメカニズム解明
  • 治癒の病理および治療薬開発のための基礎的研究

所属構成員

氏名 松尾 拡
役職 教授
研究内容
  • ・beta-thymosinsの創傷治癒に及ぼす効果に関する研究
  • ・口腔がんにおけるaquaporinsの役割
氏名 矢田 直美
役職 准教授
研究内容
  • ・口腔上皮異形成と扁平上皮癌におけるTFPI-2の異常メチル化
  • ・唾液腺腺様嚢胞癌におけるGAPsの異常メチル化
  • ・口腔擦過細胞診の診断精度
氏名 張 皿
役職 助教
研究内容
  • ・歯髄創傷治癒における象牙芽細胞の増殖分化と樹状細胞の関わりに関する研究
  • ・糖尿病性歯周炎発症の分子機構の解明と治療薬開発のための基礎研究

担当授業科目

  • 口腔病理学Ⅰ
  • 口腔病理学Ⅱ
  • 口腔病理学Ⅲ
  • 口腔病理学Ⅳ
  • 疾病とその病態
  • 基礎生命科学実習Ⅰ

主な実績

論文

  • Immunohistochemical distribution and morphometric analysis of aquaporin-3 in oral squamous cell carcinoma. Int. J. Oral Maxillofac. Surg. (2013) 10.1016/j.ijom.2013.05.022
  • Effects of thymosin β ・4 on the healing process of calvarial defects in rat. Journal of Prosthodontic Research 57, 162-168 (2013) 10.1016/j.jpor.2013.01.008
  • Effects of thymosin β ・10 and β ・ 15 on wound healing in rat tooth extraction sockets. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology (2013) 10.1016/j.ajoms.2013.02.007

ページトップ