研究・産学連携 顎口腔機能矯正学分野

概要

初代教授横田成三先生が開講した当講座(2007年4月より分野に変更)は“研究は教育と臨床の基礎となるもの”との考えのもと、機能が形態に及ぼす影響についての研究がおこなわれ、その精神は、その後も佐藤通泰、山田建二郎、山口和憲各教授に引き継がれて来ました。平成27年度からは、川元龍夫教授のもと、世界に目を向けつつ、地域社会における乳幼児から成人までの口腔保健、特に咀嚼(食物を歯で咬み、粉砕すること)、嚥下(口の中から胃まで食物を送り込むこと)、会話、呼吸に関連する顎口腔機能と咬合(かみ合わせ)の育成管理に重点を置き、他科との連携を保ちながら包括的な研究、教育、診療を心がけ、高度な歯科医療を目指しています。

gaiyou_cor_2019.png

研究テーマ

  • 矯正治療による痛みに関する研究
  • 矯正的歯の移動時における歯周組織のリモデリングに関する研究
  • 神経ペプチドと骨リモデリングに関する研究
  • 不正咬合を伴う先天性疾患の原因遺伝子およびその機能に関する研究
  • 顎変形症の長期安定性に関与する因子に関する研究
  • 外傷性口内炎モデルラットに発症する口腔内疼痛とその鎮痛メカニズムの解明

所属構成員

川元 龍夫
氏名 川元 龍夫
役職 教授
研究内容
  • ・骨延長における周辺組織再構築に関する研究
  • ・ナノサイエンスを応用した新規顎顔面領域の縫合部制御法に関する研究
  • ・先天性疾患の原因遺伝子およびその機能に関する研究
  • ・顎変形症の長期安定性に関与する因子に関する研究
郡司掛 香織
氏名 郡司掛 香織
役職 助教・病院講師・外来医長
研究内容
  • ・矯正的歯の移動時の痛み
  • ・痛みと骨代謝の関係
黒石 加代子
氏名 黒石 加代子
役職 助教・病院講師・医局長
研究内容
  • ・矯正的歯の移動時の歯周組織における骨代謝のメカニズムの解明
  • ・歯の移動と神経ペプチド
左合(伊藤) 美紗
氏名 左合(伊藤) 美紗
役職 助教
研究内容
  • ・外傷性口内炎モデルラットに発症する口腔内疼痛とその鎮痛メカニズムの解明
  • ・実験的歯牙移動モデルラットの疼痛メカニズム解明
  • ・顎変形症患者の長期安定性に関与する因子の解明
水原 正博
氏名 水原 正博
役職 助教
研究内容
  • ・歯根膜細胞の機械的刺激受容と疼痛発症メカニズムに関する研究
  • ・口唇口蓋裂患者への術前顎矯正治療に関する研究

担当授業科目

  • 成長発育総論
  • 歯科矯正学Ⅰ(講義)
  • 歯科矯正学Ⅱ(講義・実習)

主な実績

著書

  • 編集:飯田順一郎、葛西一貴、後藤滋巳、末石研二、槇宏太郎、山城隆、分担執筆者:川元龍夫、志賀百年:第6版 歯科矯正学、医歯薬出版株式会社、東京都、2019, 175-181.
  • 監修:森本泰宏、金田隆、鱒見進一、分担執筆者:川元龍夫、志賀百年:決定版 実践マニュアル 歯科用CTの見かた・読みかた、株式会社 シエン社、東京都、2019, 94-104.
  • 監修:廣藤卓雄、粟野秀慈、分担執筆者:川元龍夫、黒石加代子:新臨床研修歯科医ハンドブック Essential Handbook for Dental Residents 平成30年度診療報酬改定対応版、医歯薬出版株式会社、東京都、2018, 298-299.

原著論文

  • Inoue A., Kuroishi KN., Gunjigake KK., Mizuhara M., Shirakawa T., Sago IM., Yasuda K., Nakatomi M., Matsubara T., Shigeyama TY., Morikawa K., Kokabu S., Kawamoto T. VNUT/SLC17A9, a Vesicular Nucleotide Transporter, Regulates Osteoblast Differentiation. FEBS Open Bio. doi: 10.1002/2211-5463.12918, 2020.
  • Morii A., Miyamura Y., Sago IM., Mizuhara M., Shikayama T., Naniwa M., Hitomi S., Ujihara I., Kuroishi KN., Gunjigake KK., Shiga M., Morimoto Y., Kawamoto T., Ono K. Orthodontic force-induced oxidative stress in the periodontal tissue and dental pulp elicits nociception via activation/sensitization of TRPA1 on nociceptive fibers.
  • Free Radical Biology and Medicine. 147:175-186, 2020.
  • Mizuhara M., Gunjigake KK., Kuroishi KN., Toyono T., Hitomi S., Morii A., Shiga M., Seta Y., Ono K., Kawamoto T. Vesicular nucleotide transporter mediates adenosine triphosphate release in compressed human periodontal ligament fibroblast cells and participates in tooth movement-induced nociception in rats. Arch Oral Biol. 110, DOI: 10.1016/j.archoralbio.2019.104607, 2020.
  • Yamaji K., Morita J., Watanabe T., Gunjigake K., Nakatomi M., Shiga M., Ono K., Moriyama K., Kawamoto T. Maldevelopment of the submandibular gland in a mouse model of apert syndrome. Dev Dyn. 247(11):1175-1185, 2018.
  • Takagi H., Seta Y., Kataoka S., Nakatomi M., Toyono T., Kawamoto T. Mash1-expressing cells could differentiate to type III cells in adult mouse taste buds. Anat Sci Int. doi: 10.1007/s12565-018-0431-4., 2018.
  • Matsuyama K., Seta Y., Kataoka S., Nakatomi M., Toyono T., Kawamoto T. Expression of N-cadherin and cell surface molecules in the taste buds of mouse circumvallate papillae. Oral Biosciences. 59(4): 218-223, 2017.
  • Ito M., Ono K., Hitomi S., Nodai T., Sago T., Yamaguchi K., Harano N., Gunjigake K., Hosokawa R., Kawamoto T., Inenaga K. Prostanoid-dependent spontaneous pain and PAR2-dependent mechanical allodynia following oral mucosal trauma: Involvement of TRPV1, TRPA1 and TRPV4. Mol Pain. doi: 10.1177/1744806917704138., 2017.

分野ホームページ

独自のホームページを作成していますので、より詳しい情報は以下のアドレスからどうぞ。

ページトップ