研究・産学連携 歯周病学分野

概要

歯周病は歯を支える組織に発生する疾患の総称です。歯周病が進行すれば歯茎が腫れたり、出血し膿<うみ>が出てくるようになったり、最後は歯がグラグラしてきて自然に抜けてしまいます。歯周病は生活習慣病の一つであり、罹患<りかん>率や再発率の高い疾患でもあります。また、歯を支える組織を破壊し、歯を失うだけではなく、全身にも悪影響を及ぼすことが知られています。歯周病学分野では、この疾患に対する発症原因の解明や新たな予防法・治療法の確立、全身への影響のメカニズムについてさまざまな観点から研究を行っています。歯学部教育を通じて歯科医師を養成し、臨床を通して患者さまに還元しています。また、日本歯周病学会研修施設として、認定医・専門医を育成し、地域医療に役立つ人材を輩出しています。

gaiyou_per_2019.jpg

研究テーマ

  • 歯周病の発症と進行における生体応答のメカニズムの解明
  • 歯周病と全身疾患の関わりの解明

所属構成員

中島 啓介
氏名 中島 啓介
役職 教授
研究内容
  • ・GCFプロファイリングによる治療反応性評価法の開発
  • ・ウシラクトフェリンを応用した抜歯窩治癒促進材の開発
  • ・ヒトラクトフェリンおよびその誘導体を利用した歯周ポケットLDDSの開発
臼井 通彦
氏名 臼井 通彦
役職 准教授
研究内容
  • ・歯周炎・インプラント周囲炎の病態解明と制御・治療法の開発
  • ・メカニカルストレスの歯周組織に対する影響解明とその制御法の開発
  • ・分子生物学的手法による歯肉上皮組織・結合組織の特異性の解明
  • ・歯周病と全身疾患の関わりの解明
中村 太志
氏名 中村 太志
役職 助教
研究内容
  • ・唾液分泌における中枢性調節の解明
  • ・不安と歯周病との関わりの解明
  • ・ニコチン脳室内投与における歯肉血流変化の解明
花谷 智哉
氏名 花谷 智哉
役職 助教
研究内容
  • ・歯周病と全身疾患との関わりの解明
鬼塚 理
氏名 鬼塚 理
役職 助教
研究内容
  • ・歯根膜由来間葉系幹細胞の骨芽細胞分化制御メカニズムの解明
  • ・バイオインフォマティクスによるトランスクリプトーム解析
  • ・間葉系幹細胞を用いた新規歯周組織再生療法の開発

担当授業科目

  • 歯周病学(講義)
  • 歯周病学(実習)
  • 口腔インプラント学
  • 臨床歯科医学概論
  • 臨床推論学Ⅰ
  • 基礎教育セミナーⅠ・Ⅱ
  • 歯科医療人育成学Ⅱ・Ⅲ
  • 歯周病学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(大学院講義・演習)

主な実績

  • Inoue, M., Okinaga, T., Usui, M., Kawano, A., Thongsiri, C., Nakashima, K., Ariyoshi, W., Nishihara, T.: beta-glucan suppresses cell death of ASC deficient macrophages invaded by periodontopathic bacteria through the caspase-11 pathway. FEMS Microbiol Lett 366(8), 2019.
  • Moritani, Y., Usui, M., Sano, K., Nakazawa, K., Hanatani, T., Nakatomi, M., Iwata, T., Sato, T., Ariyoshi, W., Nishihara, T., Nakashima, K.: Spheroid culture enhances osteogenic potential of periodontal ligament mesenchymal stem cells. J Periodontal Res 53(5): 870-882, 2018.
  • Hieda, Y., Usui, M., Nakamura, T., Morishita, M., Hanatani, T., Moritani, Y., Koga, Y., Kasai, S., Inoue, M., Nakashima, K.: Decreased ratios of interleukin-1β and intercellular adhesion molecule 1 in gingival crevicular fluid after scaling and root planing associated with periodontal pocket healing. Open J Stomatol 7: 361-376, 2017.
  • Usui, M., Sato, T., Yamamoto, G., Okamatsu, Y., Hanatani, T., Moritani, Y., Sano, K., Yamamoto, M., Nakashima, K.: Gingival epithelial cells support osteoclastogenesis by producing receptor activator of nuclear factor kappa B ligand via protein kinase A signaling. J Periodontal Res 51(4): 462-470, 2016.
  • Usui, M., Okamatsu, Y., Sato, T., Hanatani, T., Moritani, Y., Sano, K., Yamamoto, M., Nakashima, K.: Thymus-expressed chemokine enhances Porphyromonas gingivalis LPS-induced osteoclast formation via NFATc1 activation. Arch Oral Biol 66: 77-85, 2016.
  • Ohshima, M., Yamaguchi, Y., Ambe, K., Horie, M., Saito, A., Nagase, T., Nakashima, K., Ohki, H., Kawai, T., Abiko, Y., Micke, P., Kappert, K.: Fibroblast VEGF-receptor 1 expression as molecular target in periodontitis. J Clin Periodontol 43(2): 128-137, 2016.
  • Fujii, S., Sato, S., Fukuda, K., Okinaga, T., Ariyoshi, W., Usui, M., Nakashima, K., Nishihara, T., Takenaka, S.: Diagnosis of periodontal disease from saliva samples using fourier transform infrared microscopy coupled with partial least squares discriminant analysis. Anal Sci 32(2): 225-231, 2016.

ページトップ