研究・産学連携 顎口腔欠損再構築学分野

概要

当分野では、口腔機能学講座の各分野が互いに協力しながら、テュートリアル教育や統合型教育を組み込み、CBT・OSCE・国家試験を見据えた新しい教育を展開しています。講義実習内容としては、部分欠損補綴<ほてつ>治療学および全部欠損補綴<ほてつ>治療学の講義・実習、顎顔面補綴学や臨床推論学を担当しています。
臨床においては、有床義歯全般、顎<がく>補綴<ほてつ>、顎<がく>関節症、睡眠時無呼吸症候群、スポーツマウスガードの症例に対処しています。
研究に関しては、日常臨床から出てくる疑問や改良した方が望ましいと思われる事項を膨らませたものが主体であり、できる限り即臨床に役立つような研究テーマを考え実践しています。

研究テーマ

  • 閉塞型睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置に有効な下顎位及び姿勢位の検討
  • 磁性アタッチメントの臨床的評価
  • 顎関節症患者のスプリント療法が脳機能に及ぼす影響
  • 習慣性咀嚼が顎運動に及ぼす影響
  • 全部床義歯の維持・安定に関する研究

所属構成員

鱒見 進一
氏名 鱒見 進一
役職 教授
研究内容
  • ・全部床義歯の維持・安定に関する研究
有田 正博
氏名 有田 正博
役職 准教授
研究内容
  • ・ノンメタルクラスプデンチャーの臨床的評価とその設計方法について
槙原 絵理
氏名 槙原 絵理
役職 講師
研究内容
  • ・睡眠時無呼吸症の臨床
八木 まゆみ
氏名 八木 まゆみ
役職 助教
研究内容
  • ・下顎全部床義歯の裏装による疼痛軽減効果の評価
津田 尚吾
氏名 津田 尚吾
役職 助教
研究内容
  • ・有床義歯患者のQOL
渡辺 崇文
氏名 渡辺 崇文
役職 助教
研究内容
  • ・顎顔面補綴の臨床

担当授業科目

  • 全部欠損補綴治療学
  • 部分欠損補綴治療学
  • 顎顔面補綴学
  • 口腔治療リハビリテーション系歯科医学Ⅲ(補綴学)
  • 臨床歯科医学系総合演習
  • 臨床推論学Ⅰ

主な実績(2018年度)

原著論文

  1. Kuboki,T., Ichikawa,T., Baba, K., Fujisawa, M., Sato, H., Aita, H., Koyama, S., Hideshima, M., Sato, Y., Wake, H., Kimura-Ono, A., Nagao, K., Kodaira-Ueda, Y., Tamaki,K., Sadamori, S., Tsuga, K., Nishi, Y., Sawase, T., Koshino, H., Masumi, S., Sakurai, K., Ishibashi, K., Ohyama, T., Akagawa, Y., Hirai, T., Sasaki, K., Koyano, K., Yatani, H., Matsumura, H.: A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society. J Prosthodont Res, 62: 162-170, 2018.
  2. 島 義人,井上勝一郎,鱒見進一:CMC-NaとPVM/MA copolymerによるglueの水中における粘着性の変化.日歯理工誌 37:247-254, 2018.
  3. 渡辺崇文,井上勝一郎,鱒見進一:義歯床用軟質リライン材のクリープ挙動の温度依存性.日歯理工誌 37:265-271, 2018.
  4. 馬場一英,津田尚吾,島 義人,渡辺崇文,大楠弘通,宮嶋隆一郎,槙原絵理,鱒見進一:咬合指示の違いが咬合力および咬合接触面積に及ぼす影響.日補綴会誌 10:327-334,2018.
  5. Sakuramoto, A., Hasegawa, Y., Sugahara, K., Komoda, Y., Hasegawa, K., Hikasa, S., Kurashita, M., Sakai, J., Arita, M., Yasukawa, K., Kishimoto, H.: New paste for severe stomatitis in patients undergoing head-and-neck cancer radiotherapy and/or chemotherapy with oral appliance. BMC Cancer. 2018; 18: 245. Published online 2018 Mar 2. doi: 10.1186/s12885-018-4017-2

著書・訳書

  1. 鱒見進一,槙原絵理,渡辺崇文:第4章 口腔内装置.閉塞性睡眠時無呼吸症候群へのOral Appliance.佐藤裕二,坪田有史編 補綴臨床別冊「保険適用新技術完全マスター」.医歯薬出版,東京,2018. 133-138.
  2. 鱒見進一:第4章 口腔内装置.ナイトガード.佐藤裕二,坪田有史編 補綴臨床別冊「保険適用新技術完全マスター」.医歯薬出版,東京,2018. 139-144.

症例報告

  1. 津田尚吾,鱒見進一,槙原絵理,八木まゆみ,有田正博,宮嶋隆一郎:歯冠外および歯冠内磁性アタッチメントを用いた下顎パーシャルデンチャーの1例(3年経過例).日磁歯誌 27:23-28, 2018.
  2. 河野稔広:オーバーデンチャーにより咀嚼機能および審美性を改善した1例.日補綴会誌 11:76-79,2018.

総説・その他

  1. 鱒見進一:下顎運動と咬合器.日補綴会誌 10:302-307,2018.
  2. 鱒見進一:スプリント療法のこれまで.日顎誌 30(創立30周年記念号):174-175,2018.

特別講演,招待講演,ワークショップ,パネルディスカッション

  1. 鱒見進一:フランジテクニック.平成30年度岡山大学歯学部特別講義(平成29年6月20日,岡山)
  2. 鱒見進一:Dentogenicを考慮した前歯部人工歯排列.日本審美歯科学会第29回学術大会(平成30年9月30日:川越)
  3. 鱒見進一:磁性アタッチメントの基礎,特徴.第28回日本磁気歯科学会学術大会教育講演「磁性アタッチメント義歯で治療の幅を広げよう」(平成30年11月4日:新潟)
  4. 鱒見進一:口腔内装置治療とは.第17回日本睡眠歯科学会総会・学術集会睡眠歯科医学講座(平成30年11月23日:つくば)
  5. 鱒見進一:アプライアンス療法について.日本顎関節学会暫定指導医講習会(平成31年2月12日,東京)

国際学会講演

  1. Masumi, S., Makihara, E., Miyajima, R., Tsuda, S., Yagi, M., Arita, M.: Influence of Different Bite Taking Methods on Condyle Position. 96th General Session of the IADR (July 25-28, London, England)
  2. Tsuda,S., Masumi,S., Makihara,E., Watanabe,T., Masumi,T., Yagi,M., Arita,M.: A case of lower removable partial denture with dental magnetic attachment.The 18th International Conference on Magnetic Applications in Dentistry (Feb 25th-Mar15th, 2019, Niigata, Japan)

市民公開講座

  1. 鱒見進一:「いびき,無呼吸,睡眠を見直そう」.北九州下関睡眠呼吸障害研究会市民公開講座(平成30年8月18日,北九州市)

ページトップ