研究・産学連携 歯科侵襲制御学分野

概要

歯科麻酔学の臨床研究としては静脈内鎮静法施行時の呼吸管理法、合併症を持つ高齢手術患者の長時間全身管理法の確立をはじめ、障害者に対する地域歯科医療システムの構築、口腔領域の難治性疼痛の治療に関する臨床研究が行われています。また、現在は大学院生が分子情報科学分野(自見英治郎教授)、口腔応用薬理学分野(竹内弘教授)、生理学分野(稲永清敏教授)に出向し、それぞれの領域で独自の研究を行い、成果が歯科麻酔学への臨床応用に期待されます。

研究テーマ

  • 静脈内鎮静法施行時の呼吸管理法
  • 高齢手術患者の長時間全身麻酔管理法
  • 障害者に対する地域歯科医療システムの構築
  • 口腔領域の難治性疼痛の治療

所属構成員

渡邉 誠之
氏名 渡邉 誠之
役職 教授
研究内容
  • ・静脈内鎮静法施行時の呼吸管理
  • ・障害者に対する地域歯科医療システム構築
  • ・歯科麻酔医の卒後教育
椎葉 俊司
氏名 椎葉 俊司
役職 准教授
研究内容
  • ・難治性口腔顔面痛の発現機序への高次脳機能変調の関与に関する研究
氏名 原野 望
役職 助教
研究内容
  • ・障害者歯科、発達障害者、歯科治療困難患者の行動調整法に対する研究
氏名 左合 徹平
役職 助教
研究内容
  • ・安全な静脈内鎮静法下歯科治療
  • ・がん性疼痛、非定型顔面痛の発症機序の解明
氏名 茂山 幸代
役職 助教
研究内容
  • ・あんしん・安全な障害者への歯科治療

担当授業科目

  • 歯科麻酔学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(歯学科)
  • 歯科麻酔学Ⅱ(実習)(歯学科)
  • 臨床実習(歯学科・口腔保健学科)
  • 救急救命学・歯科麻酔学(口腔保健学科)

主な実績

論文

  • Ogawa M, Yaginuma T, Nakatomi C, et al:Transducin-like enhancer of split 3 regulates proliferation of melanoma cells via histone deacetylase activity.Oncotarget. 2019 Jan 8;10 (3):404-414
  • Sago T, Shiiba S, Ando E, et al. Sedation With a Combination of Dexmedetomidine and Midazolam for Pediatric Dental Surgery. Anesth Prog. 2018;65(2):124-126.
  • Nakatsu Y, Nakagawa F, Higashi S, et al. Effect of acetaminophen on osteoblastic differentiation and migration of MC3T3-E1 cells. Pharmacol Rep. 2018 Feb;70(1):29-36.
  • ミダゾラムとデクスメデトミジン塩酸塩を併用したLeigh脳症児に対する 静脈内鎮静法下歯科治療、日本歯科麻酔学会誌、2018、46、2、p80-82
  • 重度異常絞扼反射を有する歯科治療恐怖症患者に 静脈内鎮静法と舌咽神経ブロックの併用が有用であった症例、日本歯科麻酔学会誌、2019、47、1、p4-6

ページトップ