研究・産学連携 感染分子生物学分野

概要

 私たちの研究室では、ヒトと微生物との関係を感染症という視点でとらえ、優秀な歯科医療人養成教育とそれを支える研究活動を行っています。特に、口腔内に存在する多種多様な微生物によって引き起こされる口腔内疾患だけではなく、全身に及ぼす影響について分子レベルでの研究を行い、教育につなげる活動を展開しています。さらに、本学での医歯工連携のフロントランナーの役割を果たすべく、学際領域において学生と教員が研究成果を発表しています。
 歯学部教育においては、学問を通じて学生と教育が自然に触れ合う環境作りを念頭に置いた授業を行っています。中でも3年次生に行っているPBLテュートルアル教育では、運営面で中心的役割を果たしています。大学院研究指導という点に関しては、次世代の歯学研究を担う人材の育成にも力を注いでいます。

gaiyou_inf.jpg

研究テーマ

  • 感染と免疫
    • 自然免疫における異物排除機構の分子生物学的解析
    • 歯周病と全身疾患の関連性の解明
    • 歯周病の発症メカニズムを見据えた新たな定量的診断法の開発
    • 糖鎖やナノ化合物を用いた口腔内感染症の治療法や予防法の開発
    • 小児期における口腔マイクロバイオームと健康状態の関連性の解明
  • 骨・軟骨代謝
    • 細胞外マトリックスによる骨・軟骨代謝制御機構の解明
    • 糖鎖認識機構を介した破骨細胞分化制御機構の解明
    • メカニカルストレスに対する骨系細胞の応答の解明
  • 組織再生
    • 新規デバイスを用いた新たな組織再生療法の確立
  • 悪性腫瘍
    • 新規デバイスを用いた新たな口腔がん病態解明モデルの確立
  • バイオフィルムとパーシスター
    • 口腔細菌が形成するバイオフィルムやパーシスターのメカニズム解明と除去法の開発

所属構成員

有吉 渉
氏名 有吉 渉
役職 教授
研究内容
  • ・マクロファージの多糖認識機構による自然免疫応答制御機構の解明
氏名 吉岡 香絵
役職 助教
研究内容
  • ・小児期における口腔マイクロバイオームと健康状態の関連性の解明
氏名 山﨑 亮太
役職 助教
研究内容
  • ・細菌が形成するパーシスターに関する研究
西原 達次
氏名 西原 達次
役職 名誉教授
研究内容
  • ・全身疾患との関わりを見据えた歯周病細菌の病原性因子の解析

担当授業科目

  • 感染と免疫Ⅰ(歯学科・口腔保健学科 合同講義)
  • 感染と免疫Ⅱ(歯学科 講義)
  • 感染と免疫Ⅲ・Ⅳ(歯学科 PBLテュートリアル実習)
  • 基礎摂食嚥下学実習(口腔保健学科 実習)
  • 口腔保健学演習(口腔保健学科 講義)
  • 感染症学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(大学院講義・演習)

主な実績

著書

  • 西原達次、有吉 渉、沖永敏則: 人体の正常フローラ, 口腔細菌叢, 口腔免疫学. 口腔微生物学・免疫学 第4版: 200-209, 医歯薬出版株式会社, 2016.

原著論文

  • Shiotsugu, S., Okinaga, T., Habu, M., Yoshiga, D., Yoshioka, I., Nishihara, T., Ariyoshi W: The biological effects of Interleukin-17A on adhesion molecules expression and foam cell formation in atherosclerotic lesions. J Interferon Cytokine Res, 2019: in print.
  • Nakao, Y., Hikiji, H., Okinaga, T., Takeuchi, J., Manabu, H., Yoshiga, D., Yoshioka, I., Nishihara, T., Ariyoshi W: Accumulation of hyaluronic acid in stromal cells modulates osteoclast formation by regulation of receptor activator of nuclear factor kappa-B ligand expression. Biochem Biophys Res Commun, 512 (3): 537-543, 2019.
  • Kawano, A., Ariyoshi, W., Yoshioka, Y., Hikiji, H., Nishihara, T., Okinaga, T: Docosahexaenoic Acid Enhances M2 Macrophage Polarization via the p38 Signaling Pathway and Autophagy. J Cell Biochem. 120: 12604-12617, 2019.
  • Tanaka, M., Okinaga, T., Iwanaga, K., Matsuo, K., Toyono, T., Sasaguri, M., Ariyoshi, W., Tominaga, K., Enomoto, Y., Matsumura, Y., Nishihara, T: Anticancer effect of novel platinum nanocomposite beads on oral squamous cell carcinoma cells. J Biomed Mater Res B, 2019: in print.
  • Chaweewannakorn, W., Ariyoshi, W., Okinaga, T., Fujita, Y., Maki, K., Nishihara, T: Ameloblastin attenuates RANKL-mediated osteoclastogenesis by suppressing activation of nuclear factor of activated T cells cytoplasmic1 (NFATc1). J Cell Physiol, 234: 1745-1757, 2019.
  • Kaneko, J., Okinaga, T., Ariyoshi, W., Hikiji, H., Fujii, S., Iwanaga, K., Tominaga, K., Nishihara, T: Ky-2, a hybrid compound histone deacetylase inhibitor, regulated inflammatory response in LPS-driven human macrophages. Cell Biol Int. 42 : 1622-1631, 2018.
  • Kajita, T., Ariyoshi, W., Okinaga, T., Mitsugi, S., Tominaga, K., Nishihara, T: Mechanisms involved in enhancement of osteoclast formation by activin-A. J Cell Biochem, 119: 6974-6985, 2018
  • Kaneko, J., Okinaga, T., Hikiji, H., Ariyoshi, W., Yoshiga, D., Habu, M., Tominaga, K., Nishihara, T: Zoledronic acid exacerbates inflammation through M1 macrophage polarization. Inflamm Regen, 38: 16, 2018.

国際学会

  • Hyaluronan 2017 2017年6月11-15日 Cleveland, OH, USA
    Mechanisms involved in inhibition of tnf-α-induced mmp13 expression by high molecular weight hyaluronic acid
    W. Ariyoshi, T. Okinaga, J. Takeuchi, and T. Nishihara

ページトップ