研究・産学連携 健康増進教育ユニット

概要

全ての世代に対する幅広い歯科衛生活動の基盤となる歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の実践に必要な教育を行います。社会に求められる歯科衛生活動は、ライフステージや健康段階別の対象者の状態を理解した上で、日本の保健医療システムに則った多職種連携の実践により、地域住民の健康増進並びにQOLの向上に繋がるものです。健康増進教育ユニットは、歯科衛生士としての根幹を形成し、どのような状況の対象者に対しても適切に支援できる人材の育成を目指した臨床経験豊富な歯科医師と歯科衛生士による教育組織です。

gaiyou_oh1.jpg gaiyou_oh2.jpg gaiyou_oh3.jpg

研究テーマ

  • 咀嚼と健康に関する包括的研究
  • 歯科保健医療政策に関する研究
  • 口内炎などの口腔疾患の発症機序解明
  • 口腔状況と全身状態の関係性の研究
  • 乳幼児のう蝕罹患に関する要因解明
  • 高齢者における口腔機能と全身状態の関連
  • がん治療時の口腔管理方法標準化に向けた検討
  • 消毒薬を用いた含嗽の効果および方法
  • うま味受容体と体格の関連

所属構成員

中道 敦子
氏名 中道 敦子
役職 教授
研究内容
  • ・「咀嚼と健康に関する包括的研究」
    咀嚼を中心とした食行動と口腔機能の発達・維持および全身の健康との関連について解明する。
日髙 勝美
氏名 日髙 勝美
役職 教授
研究内容
  • ・歯科保健医療制度、保険医療制度に関する研究
引地 尚子
氏名 引地 尚子
役職 教授
研究内容
  • ・口腔疾患の診断・治療法の開発、口腔免疫学的研究、脂質代謝学的研究
邵 仁浩
氏名 邵 仁浩
役職 准教授
研究内容
  • ・乳幼児う蝕罹患の地域格差をもたらす社会的決定要因の解明
船原 まどか
氏名 船原 まどか
役職 講師
研究内容
  • ・がん治療時の口腔管理方法標準化に向けた検討
本田 尚郁
氏名 本田 尚郁
役職 助教
研究内容 ・うま味受容体と体格の関連

担当授業科目

  • 口腔保健学概論
  • 口腔保健教育原論
  • 医療健康政策学
  • 外科系歯科医学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床検査学
  • 急性期口腔機能管理学
  • 歯科保健医療補助実習
  • 口腔保健論
  • 歯周疾患予防処置実習Ⅰ・Ⅱ
  • う蝕予防処置実習Ⅰ・Ⅱ

主な実績

著書

  • 船原まどか.梅田正博, 五月女さき子編著:エビデンスに基づいた周術期口腔機能管理,医歯薬出版, P79-81,P146-149,2018.

原著論文

  • Takahashi Y, Hikiji H, Nishihara T. A preliminary study of the scope of practice of dental hygienists and oral health providers in Asia. J. Oral Sci. in press.
  • 船原まどか、邵仁浩、本田尚郁、泉繭依、中道敦子、辻澤利行、高橋由希子、引地尚子:ブラッシング後の唾液中細菌数の推移―清拭と含嗽の効果について―. 日衛会誌. 14(2) ,2020.
  • Nishii M, Soutome S, Kawakita A, Yutori H, Iwata E, Akashi M, Hasegawa T, Kojima Y, Funahara M, Umeda M, Komori T. : Factors associated with severe oral mucositis and candidiasis in patients undergoing radiotherapy for oral and oropharyngeal carcinomas: a retrospective multicenter study of 326 patients. Support Care Cancer, 28(3):1069-1075. 2019.
  • 角田聡子, 邵仁浩, 葭原明弘, 福井誠, 岩崎正則, 諏訪間加奈, 鶴田実穂, 平山綾, 片岡正太, 茂山博代, 横田誠, 牛島直文, 玉木直文, 伊藤博夫, 安細敏弘. 小児の歯肉炎評価におけるGCFの応用に関する検討. 口腔衛生学会雑誌. 69(1), 19–26, 2019.
  • Funahara M, Soutome S, Hayashida S, Umeda M. An analysis of the factors affecting the number of bacteria in the saliva of elderly adults in need of care. International Journal of Gerontology 12: 205-207,2018.
  • Funahara M, Yanamoto S, Soutome S, Hayashida S, Umeda M. Clinical observation of tongue coating of perioperative patients: Factors related to the number of bacteria on the tongue before and after surgery. BMC Oral Health,18(1):223, 2018.

総説

  • 船原まどか,五月女さき子,梅田正博:がん手術時の口腔管理方法の標準化に向けて. 口腔腫瘍.31: 106-110, 2019.

国際学会発表

  • Funahara M,Yanamoto S, Ueda M, Suzuki T, Ota Y, Nishimaki F, Kurita H, Yamakawa N, Kirita T, Okura M, Mekaru Y, Arakaki K, Umeda M:Prevention of surgical site infection after oral cancer surgery by topical tetracycline: Results of a multicenter randomized control trial.2018 American Society of Clinical Oncology(ASCO)Annual Meeting, June 1-5, 2018, Chicago.

公開講座等

  • 日本咀嚼学会第30回記念学術大会市民公開講座「食と咀嚼と認知症を考える」,2019年10月6日,東京医科歯科大学鈴木章夫記念講堂,東京,中道敦子.

ページトップ