研究・産学連携 多職種連携教育ユニット

概要

日本では少子高齢化に伴い、2025年問題、2040年問題が取り沙汰され、保健、医療、福祉サービスの世界では、患者、在宅高齢者、施設入所者、そして地域住民を中心に据えた地域包括ケアシステムへと移行しつつあります。この流れの中にあって歯科衛生士は、診療補助、予防処置、保健指導の専門的スキルを駆使して、従来の歯科医院や病院での働き以上に大きく活躍の場が広がって来ています。そこではどうしても多くの他職種と連携して協働することが必要になります。多職種連携教育ユニットは、そういった新しい環境においても自らの専門性を発揮できる人材を養成することを目的としています。

gaiyou_os1.jpg gaiyou_os2.jpg gaiyou_os3.jpg

研究テーマ

  • 摂食嚥下障害に関する研究
  • 高齢者の口腔機能と全身状態に関する研究
  • 在宅高齢者や終末期(緩和ケア)における歯科診療の研究
  • 歯科衛生士育成に関する心理的要因の研究
  • ライフステージと歯科疾患に応じた栄養学に関する研究
  • 歯科疾患と全身状態の関係性の研究

所属構成員

園木 一男
氏名 園木 一男
役職 教授、ユニット長
研究内容
  • ・糖尿病と歯周病の動脈硬化を中心とした相互関係の研究
  • ・歯科疾患による口腔内状況の変化と全身状態との関係性の研究
秋房 住郎
氏名 秋房 住郎
役職 教授
研究内容
  • ・高齢者の口腔機能に関する研究
  • ・歯科衛生士育成に関する心理的要因の解明
  • ・高齢者の肺炎発症と口腔内環境の関連
藤井 航
氏名 藤井 航
役職 教授
研究内容
  • ・摂食嚥下障害に対する歯科的アプローチの効果
  • ・摂食嚥下機能障害に関する患者立脚型アウトカム指標の開発
  • ・終末期(緩和ケア)における歯科的アプローチの確立
  • ・在宅療養高齢者に対する訪問摂食嚥下リハビリテーションの効果
  • ・口腔湿潤剤開発に関する研究
氏名 辻澤 利行
役職 准教授
研究内容
  • ・メインテナンス・SPT患者の食習慣検査について
  • ・小児の食育アンケート調査について
泉 繭依
氏名 泉 繭依
役職 講師
研究内容
  • ・高齢者における口腔機能と全身状態の関連(高齢者における口腔の機能が全身の健康にどのように関与しているかを調査する)
氏名 磯部 彩香
役職 助教
研究内容
  • ・歯周病原性細菌と誤嚥性肺炎発症リスクの関連に関する研究
  • ・定期的な含漱によるUmami刺激が高齢者の味覚感受性に与える影響に関する研究
  • ・歯科医療機関の情報提供のあり方に関する調査
  • ・都道府県歯科保健計画に関する調査

担当授業科目

  • 基礎摂食嚥下学実習
  • 総合医科学
  • 臨床栄養学
  • 口腔健康増進学Ⅰ、Ⅱ、実習
  • 社会福祉概論
  • 障害者歯科学
  • 摂食嚥下リハビリテーション論
  • 摂食嚥下リハビリテーション実習
  • 歯科保健医療連携実習

主な実績

著書

  • 秋房住郎泉繭依 編著,中道敦子,藤井航 その他著:地域包括ケアシステムで活かせる! 在宅・施設で行う口腔ケアに必要な介護技術.永末書店,2017.
  • 藤井 航:有病者の歯科治療 19-5 摂食機能療法の実際,新臨床研修歯科医ハンドブック.医歯薬出版,306-309,2016.
  • 北村知昭,藤井 航,鱒見進一 編:高齢者への戦略的歯科治療,医歯薬出版,2017.

原著論文

  • Akifusa S, Isobe A, Kibata K, Oyama A, Oyama H, Ariyoshi W, Nishihara T.: Comparison of dental plaque reduction after use of electric toothbrushes with and without QLF-D-applied plaque visualization: a 1-week randomized controlled trial. BMC Oral Health. 3;20(1):4. 2020.
  • Akifusa S, Liu HY, Huang MS, Funahara M, Izumi M, Harada K, Shono Y.: Comparison of attitudes towards persons with dementia, knowledge of dementia and ageism amongst students in Taiwan and Japan: A cross-sectional study. Eur J Dent Educ. 24(2):301-309. 2020.
  • Izumi M, Akifusa S, Ganaha S, Yamashita Y.: Activities of daily living decline is a predictor of lowered coughing ability and correlates with rehabilitative effect of tongue cleaning on coughing ability. Odontology. 107(3):393-400, 2019.
  • Myose Y, Hikiji H,  Tsujisawa T, Sonoki K, Yada N, Inoue H: Macrophage-mediated repair of intraepithelial damage in rat oral mucosa, Arch. Oral. Biol. 97:185-190, 2019.
  • Isobe A, Izumi M, Akifusa S: Attitudes towards people with dementia: a cross-sectional study comparing dental hygiene students with registered dental hygienists., Gerodontology. 36(1):45-54. 2019.
  • Isobe A, Izumi M, Akifusa S: Relationship Between Resilience and Self-Rated Health in Dental Hygiene Students and Registered Dental Hygienists.,J Dent Educ. 82(12):1343-1350. 2018.
  • Izumi M, Akifusa S, Takahashi Y, Funahara M, Tsujisawa T, Nakamichi A. The Relation of Oral Function(s) and the Levels of Oral Bacteria in Community-Dwelling Older Adults Pilot Study.  J. Oral. Health. Dent.  1:9-14, 2018.
  • 近江雅代, 境田靖子, 青木るみ子, 辻澤利行, 秋房住郎, 日高勝美, 田川辰也:大学連携事業としての地域密着型食育活動の展開3年間の取組ならびに今後の課題,西南女学院大学紀要,2291:-99, 2018.
  • Izumi M, Isobe A, Hironaka M, Hidaka K, Akifusa S: Self-rated Masticatory Ability and Independent Life in Community Dwelling Elderly Populations. J. Aging Geriatr. Med. 1(1), 2017.
  • Shibata S, Kagaya H, Tanaka S, Fujii W, Nakagawa K, Matsuo K, Abe K, Ishibashi N, Inamoto Y, Saitoh E: Efficacy of a novel training food based on the process model of feeding for mastication and swallowing: A study among dysphagia patients. Jpn. J. Compr. Rehabil. Sci. 8:82-87, 2017.

ページトップ