研究・産学連携 口腔保存治療学分野

概要

一般歯科治療は、歯の治療、歯周組織の治療、および歯の欠損を回復する治療に大別されます。当分野は「歯の治療学」、すなわち歯の硬組織疾患[う蝕(虫歯)や破折など]、歯髄(一般にシンケイと呼ばれる)、および根尖歯周組織(歯根の先)に生じた疾患の治療学(歯内治療学・外科的歯内治療学)と、治療した歯を審美的に回復する治療学(保存修復治療学、審美歯科治療学)を専門としています。
現在、当分野は保存修復治療学・歯内治療学という限定された枠を越え、「歯の治療学」に関する臨床・研究・教育を行う分野へと進化しています。

高精度機器を用いた検査(左:高感度口腔内カメラ、右:レーザー)

高精度機器を用いた検査(左:高感度口腔内カメラ、右:レーザー)

歯科用マイクロスコープ下での治療(左:治療光景、右:歯内治療の様子)

歯科用マイクロスコープ下での治療(左:治療光景、右:歯内治療の様子)

口腔保存治療学分野の研究概要

口腔保存治療学分野の研究概要

研究テーマ

  • 歯・骨の再生療法の確立
  • 歯・根尖歯周組織に生じた炎症制御治療法の確立
  • 歯にかかる力の解析
  • 歯科医療に用いる新しい診断・治療デバイスの開発
  • 高精度な歯の治療法、難治性歯痛への対処法の確立
  • 歯の治療に関わる臨床疫学研究
  • 新しい教育方法の開発

所属構成員

北村 知昭
氏名 北村 知昭
役職 教授
研究内容
  • ・歯および根尖歯周組織(骨組織)の治療学(再生医療、難治性歯痛の治療)
  • ・診断学(診査・診断機器開発)
  • ・歯学教育用ソフト・ハードの開発
諸冨 孝彦
氏名 諸冨 孝彦
役職 准教授
研究内容
  • ・歯および根尖歯周組織(骨組織)の治療学(再生医療、難治性歯痛の治療)
  • ・象牙質と歯髄の機能解析
鷲尾 絢子
氏名 鷲尾 絢子
役職 助教
研究内容
  • ・歯および根尖歯周組織(骨組織)の再生医療
  • ・新規歯科用材料の開発
吉居 慎二
氏名 吉居 慎二
役職 助教
研究内容
  • ・ファイバースコープによる高解像度イメージングデバイスの開発
藤元 政考
氏名 藤元 政考
役職 助教
研究内容
  • ・ファイバースコープによる高解像度イメージングデバイス及びソフトウェアの開発

担当授業科目

  • 歯学概論 I・II
  • 口腔顎顔面画像解剖学概論
  • 臨床基礎歯学概論
  • 歯の治療学 I・II・実習
  • 臨床推論学Ⅰ
  • 最新臨床応用生命科学
  • スキルアップ実習I・II・III
  • クリニカルクラークシップ I・II・III
  • 総合講義I・II
  • 口腔治療リハビリテーション系歯科医学Ⅰ

主な実績

著書

  • 歯内療法のパラダイムシフト.クインテッセンス出版株式会社, 2020.
  • 歯内治療学 第5版.医歯薬出版株式会社,2018.
  • 第5版 エンドドンティクス.永末書店,2018.

総説

  • Washio A, et al.: Bioactive glass-based endodontic sealer as a promising root canal filling material without semisolid core materials. Materials 12(23)3967, 1-17, 2019.
  • Morotomi T, et al.: Current and future options for dental pulp therapy. The Japanese Dental Science Review, 55(1), 1-7, 2018.

原著

  • Takakura N, et al.: A novel inhibitor of NF-κB-inducing kinase prevents bone loss by inhibiting osteoclastic bone resorption in ovariectomized mice. Bone, 2020 accepted.
  • Inquimbert C, et al.: Concordance study between regular face-to-face dental diagnosis and dental telediagnosis using fluorescence. Journal of Telemedicine and Telecare, 2020 accepted.
  • Miyahara H, et al.: Adhesive bonding of alumina air-abraded Ag-Pd-Cu-Au alloy with 10-methacryloxydecyl dihydrogen phosphate. Dental Materials Journal 39(2), 262-271, 2020.
  • Fujimoto M, et al.: Endoscopic system based on intraoral camera and image processing. IEEE Transaction on Medical Imaging 66(4), 1026-1033, 2019.
  • Washio A, et al.: Preparation of gelatin hydrogel sponges incorporating bioactive glasses capable for the controlled release of fibroblast growth factor-2. Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition 30(01), 49-63, 2019.

分野ホームページ

独自のホームページを作成していますので、より詳しい情報は以下のアドレスからどうぞ。

ページトップ